名もなきライターのブログ

namonakiwriter@gmail.com

札束でぶん殴ればいいってもんじゃない話

 台風15号が通り過ぎ、私の住む千葉県が甚大な被害を受けています。

我が家はなんとか無事だったものの、近隣はまだ停電しており、大変な被害です。今年の夏もまた、暑く、こんな時期に停電したら辛いだろうと思います。

 

エアコンを買い替えた

 

さて、そんな人ごとみたいなことをいっている我が家は、夏の前にエアコンを買い替えました。もともと、広いリビングに大家さんが節約で6畳のエアコンを無理やりつけていたのですけど、自費で買い替えたのです。しかし、社長が10畳のリビングに対して、18畳用のハイパワーのエアコンを買ってしまいました。

 

「そのほうが、あっという間に冷えるから」

 

って・・。

 

でも、めちゃめちゃ寒いのです。これが令和夏の大失敗。むちゃくちゃ冷えるので寒い。寒いっていうと社長が「わがままいうな!」って怒るのですけど、寒いもんは寒いのです。エアコンを切ると暑いし…。

 

凄まじいハイパワーで、あっというまに冷えてしまうのです。まさに瞬間冷却。めちゃめちゃ寒いので、仕事になりません。(言い訳)

 

札束で叩けばいいってもんじゃない

 

社長は、金の力にものをいわせて、何もかも上位ランクのものを買う傾向があるんですけど、そもそも広い部屋用のエアコンって上位ランクの高級品という位置づけなのでしょうか?私はそれが疑問だったんですけど、聞いても「俺が決める!」といって、勝手に購入してしまいました。

 

適切なサイズ感ってものがあるじゃないですか。家電も何もかも、想定サイズというものがあるので、リビングに対して大きすぎる部屋用のエアコンをつけたら寒いに決まっています。

 

というわけで、もう失敗も失敗。寒すぎて苦労しております。我が家は東向きなので、午前中はとてつもなく日当たり良好です。だから、エアコンはつけないと、暑くて生産性が下がります。さらに、クワガタとハムスターがいるので、エアコンを完全に切るわけにもいきません。

 

適温を求めて

 

人間に必要なのは適温ですよ。暑い日に急速冷房することじゃありません。ほどほどの空調にしてもらわないと、仕事ができなくてまいります。とにかく、つけると寒いし切ると暑いの繰り返しで、いま本当に苦労しております。

 

エアコンだけでなく、家電は推奨のサイズ感を重視して・・・!

 

以上、エアコンがききすぎて寒すぎる、贅沢な部屋から、お届けしました。