名もなきライターのブログ

namonakiwriter@gmail.com

コンテンツ販売のnoteで人生を切り開きたい人へ

 継続マガジンの課金者が700名を超えました。noteって、課金の導線が非常にスムーズで、ポチポチ買っちゃいますよね。でもいま、情報商材だの何だのっていわれて、非常に厳しい視線が注がれています。

 

今日は、私がnoteというプラットフォームに対して思っていることを書いていきたいと思います。

 

安ければ安いほど良い

 

結論から書きますと、noteって価格が安ければ安いほど良いと思うんですよ。「ええっ、100円でこんなこと教えてくれるの!?」って幸せになるじゃないですか。私も1000円や3000円のnoteを売って、高くてごめんねと思ったことがあります。高価格の値付けは、私の失敗です。

 

でも月350円の月額マガジンが大成功してて、これってみんな幸せだと思うんですよ。「価値がありすぎて早く課金したい」「完璧すぎてどこを褒めればいいかわからない」「もっと早く課金してればよかった」ってすごくすごく言われるんです。

 

その結果、自己肯定感情がバク上がりするんですよね。インターネット上で自分のお店を開こうとする人は、リアルで成功していませんから、強がっていても自己肯定感情が低いです。でも、感謝されまくって、愛されまくって、内面が変わってくるのです。

 

高いnoteはなぜ生まれるか

 

なぜ高額の情報商材が生まれるのでしょうか。それは、書き手に「金を稼がないといけない事情」があるからです。つまり野心や生活苦や生活レベルを落としたくないという感情の結果、高くなるんだと私は思います。究極のところ、自分のために書いているのであって、読者貢献が欠落してるんじゃないかなと。その結果、外野からバッシングされてしまうのですよね。

 

だって、食っていかなきゃいけないから。toCに依存してるから、批判を浴びながらも高いnoteを売り続けないといけないんじゃないですかね。

 

継続マガジンと単発note

 

その点、継続マガジンは良いですよ。なんたって月額ですから。しかも私のマガジンは毎日更新で、今日のはイマイチでも明日は期待できるかもという心理が働く。また、月に30本も配信されるので、さすがにこれだけあって月350円で、全部つまらなかった、という確率は大きく下がります。

 

つまり私は、月額350円で月30本配信することで、読者の失望をできるかぎり取り除いているんです。その結果、クレームがほぼ発生せず、今のところ100%、良い口コミです。無料時代に「誤字があった!キー!」といわれたことはありましたが。

 

有料か無料かが問題

 

それにしても、多くの人は金額の大小を問題にします。情報商材は有益か無益か、高額か低廉かという問題じゃないと私は考えているんですね。あえて二元論で表現すると、「有料か無料か」の話なんです。

 

つまり、有料にすると、それだけでフィルタリングになるんですよ。「こんなやつに課金してたまるか!」というアンチ的感情を持たない人が課金しますから、それだけで批判よけになるんです。つまり、自分がインターネットでスイスイとサーフィンし、泳ぐための海を、クリーンに浄化できるのです。

 

たとえば、私は千葉県に住んでてサーフィン文化があるんですけど、九十九里の海はめちゃくちゃ汚いんですよ。まじで味噌汁みたいな海でわかめにまみれてサーフィンすることになります。でも、ちょっと北か南にいくと、一気にキレイな海になるのです。つまり大切なことは、サーフィンをやめることではなく、少し南北に活動地域をずらすこと。

 

ネットサーフィンも同じで、課金をちょっとだけ設けて活動のハードルを上げると、一気に海がクリーンになります。価格が問題じゃないんですよね。とりあえずのペイウォールが大事なんです。だから、金額って別にナンボでもいいんですよ。

 

じゃあいくらにするか

 

で、月額マガジンをいくらにするか問題が生じます。そこでおすすめなのが、自分の気持ちに正直になること。「100円でこの内容、最高!」「これは100円でもいらない」「こんなんで1000円取るんですか?」という自分の感情をちゃんと見つめることかなって思います。

 

私はnoteを購入してたくさん失敗しました。本当に変なnoteに何千円も課金して、お小遣いを捨ててしまいました。でもそこから学びが本当に多かったです。ぜんぜん面白くないものが多いと感じたので、これならいけるんちゃう?と思ったのです。

 

今からやるべきことは、私の表面だけ真似て「月200円!」とか「1日3回更新!」とか、ガワだけ上書きするんじゃなくて、私が「自分の心に正直になったこと」をパクるべきかなと思います。

 

市場は常に正しい

 

「マーケットは常に正しい」という言葉があります。マーケットの正体はなにか。それは、人々の欲望と感情だと私は考えています。よって、私の心の中にある感情も、またマーケットを構成する一部分です。

 

だから、感情に素直になることを大切にしています。自分の心を見失いがちな私にとって、ちょっとした思いを抱えて生きていきたいと感じているのです。

 

でも、社長には「それは無駄。お前はお前の気持ちに一生気づかないまま生きていくんだ。なぜなら、ずっと受け身だったから。抑圧しすぎて何が自分の気持ちかわからなくなり、この年になってしまったら、もう今から自分探ししても無理だよ」といわれています。

 

それでも、私は自分の気持ちを探したいのです。強引なことをいえば、自分の心を探すのも私の仕事です。

 

これからの展望

 

ちょっと、はてなブログの更新頻度を下げようと思います。5月は課金者が700名まで増えたんですけど、ブログ更新の回数も多かったんですね。そしたら、6月に入って解約率が10%超えたんですよ。つまり解約者が多かったのです。

 

私はいちおう、有益な話をnoteに、無益な話やプライベートの話をはてなブログに書いて書き分けしてきたつもりだったんです。そして、私は私のnoteがなぜこんなに売れているのか、わかりませんでした。

 

でも、たぶん、「トップライターの脳内」そのものに価値がついている状態なのであって、有益か無益か私が判断することじゃないのかもしれません。これも、マーケットの思し召しです。課金してくれる人に申し訳ないので、はてなの頻度は下げようかなと思っています。いま、クライアントも非常に多く読んでくれていて、350円程度の課金だったら、みなさんスムーズに決済して依頼を下さいます。そして、課金してまで依頼してくれる方は、非常に良いお客様が多いのです。

 

長々と書きましたけど、ちょっとブログは更新頻度を下げると思います。