名もなきライターのブログ

namonakiwriter@gmail.com

「名もさんは継続発注がない!」というご批判について

 

ある、熱烈なアンチの方から、「名もさんは継続発注がないでしょう!文章が下手だから!なぜそれに気が付かない!」という、常軌を逸したディスをいただきました。

 

そもそも、この業界、連載を前提として媒体に寄稿するというお仕事は少ないのですね。あるのは、まとめてコンテンツマーケを展開するので、記事の需要があるというケース。

 

私はいま、単価が非常に高くなってしまっていて、そんなに継続を前提としていないのです。継続をもらえないのではなく、そもそも前提とした発注じゃないんですね。

 

連載だったら、ありますよ。みなさんが読んでくれているいくつかの媒体で。ただ、媒体そのものがそんなに長期生存してないという事情もあるんです。たいていのWebメディアはマネタイズに苦労しますから、1年か2年ぐらいで、終わってしまうケースもあるのです。

 

もちろん、クビになったことは何度もあります。その意味で言うなら「継続をもらってない」ということにはなるでしょう。ただ、そのことは前から公言しており、クビになったという話は何度も書いたつもりだったんですが…。アンチの方も自分に都合の悪い(?)事実は見えないということですね。

 

私は名もなきウェブライターでございますから、まとめて記事を書かせてもらって、納品して、終わりというケースでこれまでやってきました。その発注期間が、1回きりのこともあれば、1年連載が続くこともあれば、4年間続いているケースもあります。

 

4年続いてるお客さん…。2社あります。なんていうか、明後日の方向に批判して、狂ったように喚き散らす方のプロフィールをみてみると「精神科の薬や製薬会社の陰謀!」という。

 

私はこうした、精神障害の方にはうんざりしています。障害者センターで山程であうんですよ。激しい気性でトラブルを起こし、精神病に落っこちて、それでも攻撃性が止められない方。いっぱいいるんですよ、精神病院には。本当にたくさんおられるのです。

 

薬を飲んで、ゆっくり休んでほしいと。それだけですね。。。