名もなきライターのブログ(千葉市かず.inc)

自分の手で人生を切り拓いていゆく。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

クライアントワークにおけるモチベーションの維持

f:id:toushitsufukei:20190116145229p:plain

 

「仕事のモチベーションってどうしてますか?」

 

とけっこう聞かれます。

クライアントワークにおける、モチベーションの高め方を今日はブログに書いてみようと思います。

 

ところで、働き方が多様になっています。ネットでは会社員とフリーランス(起業)という文脈で語られますが、フリーランスといっても、クライアントワークと、アフィやプロブロガーのように、お客が存在しない方々も、オモテで活躍されるようになってきました。

 

私もブログ収益が30万ぐらいありますから、クライアントワークより、ファンビジネス(一般の方から課金してもらう)のが楽なのはわかります。でも、クライアントワークを通じて、成長することも出来る気がするので、今日はお金以外に、クライアントワークで得られるものをみていきます。

 

人間的な成長、お客さんや仲間との結びつき、そして困難から目をそむけず立ち向かうために必要なものは、どうやって身につけるのでしょうか。そして仕事のモチベーションはどこからやってくるのでしょうか。

 

  

すべては商談の時点ではじまっている

 

営業があったり、向こうから仕事が舞い込んできたりして、商談が発生しますよね。そして、その商談や営業の締めにあたる部分を、クロージング、と呼ぶんですよ。これはおそらく営業の用語です。

 

プッシュ型の営業、プル型の営業と、さまざまな営業がありますが、タスクや誰とも合わずにブログアフィリエイトで稼いでいる場合をのぞいて、コミュニケーションの末に、発注がやってくるものですよね。お話し合いをして、仕事がスタートします。

 

ファイナル・クロージングをよく見極める

 

「じゃあ、発注しますよ!」とお客さんが言ってくれますよね。心躍る瞬間です。そこで、パソコンの前でガッツポーズしたり、キャッキャいったりしてないで、ファイナル・クロージングというものを注視します。

 

ファイナル・クロージングとは、営業の終わりの終わり、「発注します」の言葉です。そこで、すかさず、「どうして自分を選んでくれたのか」ということを、確認するようにしましょう。私は照れくさくてこれができないんですけど、このファイナル・クロージングのあとのコミュニケーションは非常に大切なのです。

 

聞いてみると、いろいろな考えが先方にあったことがわかります。

 

「スキルがぴったりなので」

「誰よりも誠実に答えてくれたから」

「プロフィールに惹かれて」

「他の記事に惚れ込んで」

 

などなど、なんらかの理由を、お客さんがいってくれることでしょう。

 

結びつき

 

そう、その、ファイナル・クロージングのあとのコミュニケーションが大切なんです。「誰よりも誠実だったから」なんていわれたら、じーんとしちゃいますよね。そのことは忘れられず、相手との結びつきが発生する瞬間です。

 

そして、この結びつきこそが、自分の感情を動かし、モチベーションの維持につながります。

 

モチベーションはどこからやってくる?

 

なぜなら、モチベーションは小さな物語から駆動するものであり、小さな物語のなかに、自分と相手との結びつきが含まれているとき、もっともパワーがでるものです。実際、そんな感動的な体験をしたら、心に残りますよね。

 

さらにいうならば、そんな結びつきを、ひとりではなく複数人、多方面に持っている職業人生って、最高だと思いませんか。だからこそ、クライアントワークはとても楽しく、成長できるのだと私は思いますね!お金ももちろん稼げますけど、楽しいのです。

 

そして、それらの原動力となる要素は、すべて、ファイナル・クロージングの直後に、ひそかに眠っているので、ぜひ掘り起こしてみてください。