名もなきライターのブログ(千葉市かず.inc)

自分の手で人生を切り拓いていゆく。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

「お客様第一主義」の嘘

f:id:toushitsufukei:20181224195956j:plain

 

私は10年以上前、一部上場企業の正社員だったんですけど、退社して無職になりました。無職になった理由はいろいろあるけれど、まあそれはいいとして、その会社は「お客様第一主義」を掲げていたんですね。時が経ち、私もおとなになって、先方の役員クラス並の所得を得るようになって、「お客様第一主義」って嘘だよね、と思うようになったので、そのブログです。

 

 

 

スポンサー

 

 

お客様が第一なわけないじゃん

 

 

何を差し置いても、仕事においてお客様を優先するということ。それって、一見するとすごく素晴らしいことのような気がしますけど、本音じゃないですよね。職業人生において、お客様が何より大切で、他を差し置いてでもお客様の元にすっとんでいくなんて、ありえますかね?

 

まじで「嘘つくなや」って感じです。本音を言ってない。キャッチコピーの時点で嘘をついているのです。私がいたのは10年前ですけど、だからダメなんじゃないかと思いますね。

 

いちばん大切なのは何?

 

 

人生100年時代、先なんて見えないものです。たしかにお客さんは大切ですよ、でももっとも大切なのは家族ですし、仕事仲間ですよ。私の場合は、自分を信じてくれるクリエーター仲間でしょう。だから、仲間には仕事をまわしていきますし、できる限り高単価でまわしたいですね。

 

 

組織なんて信じちゃダメ

 

私は派遣社員だったころ、会社で勤務中に統合失調症を発症して、オフィスから救急車で運ばれたんですよ、いろいろなことが重なって、環境が私の精神を引き裂いてしまったのです。

 

だから思うんですけど、会社なんて一切信じちゃダメです。組織なんてものは裏切ってくるから。私だってクビになりましたし、重い精神疾患を抱えて、お願いだからあと3年の契約を解除しないでほしいと頼んだんですけどダメでした。

 

まあ組織なんてどれだけがんばったって、平気な顔して裏切ってきますね。私は市場に放り出されて、統合失調症を抱え幻聴や幻覚に苦しみながらハローワークに行き、ひとりで仕事を探したけれど、見つかったのは1社の派遣業務だけ。それでもたった1年の産休代理の仕事でした。

 

「お客様第一主義」なんて、ありえない

 

一番大切なのは家族です。ファミリーファースト。そして、次に大切なのがクリエーター仲間。自分を信じてくれて、ついてきてくれる仕事仲間ですよ。だから私は家庭内にお金を還流させていきますし、仲間には発注をまわしていきますし、お金を循環させます。私はお金を持っててもしょうがないので、パーッと使ってもらいますよ。

 

お客さんが大切なのは当たり前ですけれど、身の回りの人たちをなげうってまで顧客に尽くすなんてありえないですし、私の発注を受けるクリエーターさんにも、そんな仕事はしてほしくないです。クリスマスや年末年始は稼ぎどきだから、働いたら良いでしょうけれども、家族が一番です。

 

 

組織は嘘をつく

 

そう、「お客様第一主義」なんて、思っても見ないことをいってるんですよ。心に嘘をついているわけです。仮に本当にお客様が何より第一なんだったら、その時点でおかしいですし、そんな会社で働きたくないですね。

 

まず身の回りの人と心のかよった交流ができてこそ、お客様に高品質なサービスを提供できるのではないでしょうか。世間の企業はほんとおかしいことばっかりいってますね。

 

年を取ってから、結果を出すには?

 

私は会社員時代、スキルとしてはショボショボで、まったく通用しませんでした。コミュニケーション力が著しく低いので、うまく人間関係を構築できないのです。でも、何度も会社をクビになりながら、背水の陣で起業したらうまくいきました。

 

年を取ってから成功するための三原則があります。

 

・規則正しい生活習慣

・温かい心

・金への嗅覚

 

が大事かなと。この3つは、どれも私の人生を変えてくれたものです。生活習慣は多少夜型でも、規則正しいことが重要ですし、温かい心を忘れると人は失脚します。そして金への嗅覚は、市場を生き抜く上で欠かせないものです。

 

女性がナメられないためには?

 

今日、リプライでちょっと相互フォローの方々とお話したのですけど、男性はお金を稼ぐと圧倒的に支持されます。肯定されることが増え、自尊心がバク上がりするのです。

 

では女性はどうでしょうか。女性はなかなか、世知辛いですね。日本では特に、稼いでいる女性はやたらめったらボコボコにされます。女性にとって本当にいきづらい社会だと思いますよ日本は。

 

そこで、海外に、という話になりますが、私は持病の定期通院があるので日本を離れることができません。ほんと悲しいです。

 

そして、私は日頃、けっこう世間の人から軽くみられるタイプなんですね。ナメられるというか。あんまり外には出ないんですけど、それが嫌であまりでないというのもありますね。

 

でも、最近私は稼ぎがえげつないですから、身の回りをブランド品で固めてるんです。iPhoneケースだって一流ブランドのものですし、靴、バッグ、カバン、指輪…全部ハイブランドで固めてますから、ナメられることはなくなってきました。

 

お金の力を感じますね。

 

クリスマスに世知辛い話になってしまいましたが、こんなことを考えながら、クリスマスイブを過ごしております。

 

 

 

スポンサー