ウェブライター界のサービス残業

f:id:toushitsufukei:20181110065508j:plain

 

会社員の頃は夜間大学も行ってたので残業しておらず、年収は400万円程度。派遣社員の頃は残業もないので270万円前後でした。そして、独立したころ、収入がなんとか増えてきました。いま、いろんな人に「トップライター」と呼ばれ…いやそんなことはまったくどうでもいいんですけど、私の生活はどのようなものか、みていきましょう。

 

 

 

スポンサー産業医ラボ.comさんです

産業医ラボ.com

 

 

収入の変遷

 

1円ライターのころ、収入は月25万~30万円ぐらいだったんですよ。そのころは、ランサーズで文章ドカタやってましたから、手数料をコミにすると1日12500文字書いていたわけですね。初期のブログを読んでいただくとわかりますが、大変な忙しさです。

 

それが、文字単価が上がっていくにつれて、収入もぐーっと伸びていきました。1.5円になったら収入は42万円。2円になったら50万円。3円になったら75万円でというふうに。

 

ということは、私の生産力は上がっておらず、1円ライターのころから現在にいたるまで、私の生活は変わっていないことになります。

 

すさまじい忙しさになる

 

たとえば、1円ライターの頃って、そんなにお客様対応的なところがなかったと思うんですよ。もちろんコミュニケーションは取りますけど、納品して、フィードバック受けて、ハイ終わり、って感じでした。

 

でも文字単価がぐーっと増えてくると、一本あたりのコストが先方も高くなるし、私も売上の金額に大きく影響を与えますから、失敗が許されなくなるんですね。よって、最初からコミュニケーションを密に取って話し合いする必要が生じるんです。

 

つまり頻繁な意思疎通が必要になって、私は四六時中、チャットに精を出すこととなります。もちろん、記事書きの仕事もしていますので、チャットが割り込めば、その分だけ仕事の終わり時間が伸びることになります。

 

単価を上げれば上げるほど、難易度が上がる

 

そして、キーワードの難易度も上がります。私がいま苦戦しているのが「ESXi」という仮想化周りのキーワード。ライター募集しても、手を上げてくれる人がいませんでしたし、いたとしても、結局、先方は投げ出して終わりました。自分でやるしかありません。

 

しかたない。そもそもハードウェア監視とはなぜ必要なのかというと、リソースを食いつぶすのと故障時の弊害が大きいからだと思うので、そのあたりでお客さんと相談しながら、記事を上げていこうと思っています。

 

私のサービス残業

 

実は私。サービス残業もしています。それが、見積もり。なんせディレクターですから、お客さんから「見積もりだして」といわれて、エンジニアに話を聞いて、予算感をサクッと上げていくのです。

 

ただし、発注が来るとは限りません。そして見積もりは当然ながら、受注する側がコスト負担するのがルールだと私は思います。さらには、エンジニア、アイキャッチ屋さん等、職人を抱えて、彼ら彼女らに見積もりを正式に出してもらっていたら、工数がかかりすぎる上に失注したら職人サイドの負担も大きいので、予算感だけざっくり聞いて、私が見積もりを書くことになります。

 

日頃、売上目標が8万円に定められていますから、7000円/工程で働くとしても11.5時間は労働している上、社長と話し合って30分、見積もりに悩んで30分、お客さんにご説明して1時間と、合計2時間はサビ残となるのです。

 

サビ残がきつい!

 

そしてこの見積もり作業のサビ残がきついんですね。いちおう、一日の仕事を終えてからやるようにしているのと(なんせサービス残業ですから)、記事を書き終えた達成感が抜けて、逆に「受注できるだろうか」「職人への払いが渋すぎないだろうか」「カード回るかな」といった、心配事でいっぱいになって、眠れなくなるんです。

 

私はずうずうしいのか繊細なのかわからない複雑なパーソナリティをしているので、結局は疲れに負けて寝ちゃうんですけど、見積もりが正しかったのか、受注できるのかで、精神がガリガリ削られているのは事実なんです。

 

かといって、書かねば受注できないのが見積もり。もっと職人と意思疎通して、予算感を完璧に把握できるようになりたいけど、微妙に発注のたびにジリジリ値上げする人もいて、私サイドはしんどいわけです。

 

サビ残の良し悪し

 

しかし、やらねばなりません。凄まじい忙しさで、「自由とは…」とポエムしてしまいそうになりますけど、私はそもそも、現実社会で病と貧困に苦しみ、流れ流れて、Webライターにたどりついたのです。よって、ライター職に自由を求めたわけではありません。

 

社長が日の売上8万と定めているので、年末価格でちょっとだけ値上げさせてもらって、想定ライン以下のお客様とは、つながりを切らないように知人のライターに依頼し、そして12時間労働+2時間サビ残で年末まで駆け抜けようと思います。

 

しんどいけれど、私はもう他に生きる場所などないのです。会社員やバイトやってまた精神に異常をきたす?それか福祉?実家に帰る?どれもほんとうに無理です。

 

 

スポンサー