炎上は何がつらいか【体験談】

f:id:toushitsufukei:20181105050509j:plain

 

ぷち炎上したこと、何度かあるんですよ。ネット世論に迎合し、時代を乗りこなしているようにみえますけれども、意外と叩かれているのです。でも、よく考えたらほとんどはてなブックマークで理不尽に叩かれる、ひどいこといわれるという話でした。今日のブログはまたオピニオン書いちゃいますけど、炎上体験談です。

 

  

スポンサー産業医ラボ.comさんです

産業医ラボ.com

 

お友達が一緒に石を投げてくる

 

 

結論からいいますと、このツイートの通りなんですね。炎上するとまず、大量のコメントにびっくりすることとなります。そして、お友達(だと思っていた相手)が、一緒になって批判しているのを目撃することになるのです。

 

いやー、これがちょっとねえ。お友達だと思ってたわけですから。別にその人たちも、心から私をバッシングしたいと思ってるわけじゃないと感じるんですよ。つまり、炎上においてばーっと発生する世論に流されて、気軽に書いてるんですね。

 

平気で友情を再開しようとするから余計怖い

 

そして、そうした裏切り者?たちは、鎮火したらまた、平気な顔してお友達ふうに話しかけてくるんですよ。そっちのほうがびっくりしますよ。おいおい、あのコメント、全部みえてますけど・・・みたいな。

 

そんなね、世論に迎合して、お友達だったはずなのに一緒に石を投げてくる、鎮火したらまたお友達になろうね、みたいな人と、仲良しになれるわけないと私は思うんですけどね。更に怖いのが、実はその方が炎上したときは、私がヘルプに入っていたことなんです。自分が炎上したときは助けてもらったのに、相手が炎上したら平気で裏切る、そんな人、普通ですかね???まともそうな顔してても、そんな相手、本当にまともですかね?

 

味方になってくれる人もいる

 

しかし、炎上は悲しいことばかりではありません。味方がくっきりと浮き彫りになるんですね。「味方だから」っていってくれる人もあらわれるんですよ。そういう人は忘れませんし、そもそも、私はどうして日頃から、そういう人をちゃんと見抜けなかったのか、反省することしばしばです。

 

といっても、数にしたら99人が敵で1人が味方、ぐらいの割合です。

 

どこで炎上したの?

 

私が炎上したのは何度かあるんですけど、ほとんどがはてなブックマーク(はてぶ)です。「この人とこの人を尊敬してるんだ!私も頑張る!」的なことをつぶやいたら、「一緒にすんな!」みたいなはてぶが100個ぐらい飛んできて、ボコボコにされたのです。はてなは、人の命が奪われるぐらいの場所ですから、怖いんですよ。

 

はてブは私も使っているからわかるんですけどね、短い言葉で辛辣なことをいえばいうほど、スターを集めて承認欲求が満たされるんですよ。だから、みんなすごくひねったことばを使うんです。私もハテブつけるときは結構考えるんですね。きついこというときもあります。あ、因果が巡ってきたわけか。

 

まあ、今ははてぶのコメントはほとんどみていませんので、知らんがなで通してるんですけどね。

 

ベジシャワーの人、勘弁したげて

 

ベジシャワーの人が燃えに燃えてますけど、もう勘弁したげてほしいですね。投稿内容のことの良し悪しはおいといて、ですよ。

 

たいていの場合、良いと思って投稿してますから、それが否定されたショック、知らない人から辛辣な言葉がどんどん飛んでくるショック、自分の非を認めなければならないつらさ、そして何より、今回見たようにお友達まで石を投げてくるショック…結構、くるものがあります。

 

前に燃えたあの人は、メンタルが

 

それを裏付けるように、メンタルやられた人の話が聞こえてくることがあります。

前に、ご自身の不貞疑惑で炎上し、ネットから退場したちゃった奥さんがいたじゃないですか。ブロガーの。あの方、話によるとかなり病んじゃって、全然幸せになってないそうな。理由はまあ、詳しくはかけませんけど、炎上が家庭生活に良くない影響を及ぼしたと。

 

ネットで稼ぐフリーランスのプロブロガーは、市場からダイレクトに信頼にまつわるフィードバックを受けるので、火だるまになったとき、本当にむきだしの人間が言葉の暴力にさらされてしまうんですね。うーーん。

 

まとめ 

 

うーん、個人事業主相手はやめときましょって感じです。私はベジシャワーの人、ぜんぜん知らないですし、これまでどんな投稿してきたかとか、どういう方なのかとか、まったく知らないんですけど、ちょっと苛烈になってきてるような気がするので、思い切って、今日はブログを書いてみました。こういうことかくと、私まで叩かれるんですけど、別にいいかなって。

 

ちなみに、燃やさないコツもnoteに書きました。150円なんで、よかったら。

 

 

 

 

スポンサー