【Webディレクター】ライター募集をしてみたら【クライアント目線】

f:id:toushitsufukei:20181023095014j:plain

 

最近、Webディレクターも兼ねている私です。なにせ仕事が大量にくるので、デザイナー、エンジニア、コーダー、アイキャッチ職人と、持てる人脈をフル活用して、仕事にあたっています。今月2回ライターを募集しました。学びがあったのでブログに書きます。

 

 

産業医ラボ.com

 

やっぱり専門性

 

私が外部にライティングを依頼するとき。いろいろ理由があるんですけど、大半は

 

案件が膨大すぎて対応しきれない

Webディレクターやメディアのアドバイザーとして受注

特殊性が高くて書けない

 

などのケースです。そんなときに、文章を人様に依頼しています。そこで、ほしいのはやはり専門性なのです。書けない/書ききれないから外部に依頼しているわけで、そのあたりの知識を備えていないと、選定は難しくなります。

 

よって、「該当のジャンルはこれから勉強します!」とか「書いたことないけどやる気はあります」は、どうしても厳しくなるのです。

 

未経験にはチャンスがないのか?

 

じゃあ、未経験にはチャンスがないのかというとそうではなくて、千葉県いすみ市のコワーキング・スペースhinodeの佐々木ゴウ先生がおっしゃっているように、提案してくれたら、私も嬉しいです。

 

 

 

そして、今月は【高校物理・高校化学・高校数学】と【マイニング(仮想通貨)】を募集し、どちらも何名かにご応募いただけました。ただ、「やりたいです」だけの投稿は、こちらもリプライを返し何度もやりとりしなければならないので、負担なんですね。

 

できれば、【実績】【お名前】【プロフィール】は書いていただきたいところです。Twitterでアイコンもプロフィールも未設定の状態で「やらせてください」とかはやっぱり困りますね。また、「○○で検索してみてください」は、こちらの手間になるので、リンクをつけるなりしてくれると助かります。

 

どちらにせよ、こちらも良いライターさんを探しているので、IDを見てくれと言われたら検索はしますし、しっかりプロフィールも見ます。でも、その手間を省略してくれると助かるという話です。そういうことができる人は、仕事もできそうなので。

 

 

文章の品質をどう担保するか

 

そして、クライアントとして、品質をどう高めていくかという課題があります。何度か発注側を経験したところ、ひとりのライターとじっくり付き合うほうが、コミュニケーションコストも下がっていいですね。だんだん、お互いのいいたいことがわかるようになってくるので、より生産性が高まります。

 

そして、これは全クライアントの方にお伝えしたいのですけれども、これまで文字単価1円~5円で発注をした経験によると、クオリティを担保したいのであれば文字単価1円や1.5円で発注するのはよくありません。予算がない、搾取したい、ネット越しの依頼は信用できない、そういうお気持ちは理解できますが、最初の1本目をものは試しで3円にて依頼してみると、意外に高品質な記事が仕上がってきます

 

それだけライターは飽和状態であり、1円ライターを抜け出したいともがいている人が多いということではないでしょうか。そこに3円出したら、そりゃあ張り切って書いてくれますよ。クオリティを担保したいなら、初回は2.5円~3円ぐらいは必要です。

 

ライターの選定、悩みますよね

 

誰に書いてもらうか。非常に悩ましいところです。文章の未経験者であっても、知識が豊富なのであれば頼れます。しかし、どうせなら実力も経験も知識もある人にお願いしたいのが本音です。

 

そのためには、ライターへの支払額を増やすしかないのが現状です。受託側の心理として、受注額が増えれば増えるほど重要クライアントになりますので、画像の選定やWordpress入稿など、任せていくことでより仲間になってくれます。

 

Webサイトが更新停止にならない限りは、サイトオーナーと密接に連携し、より生産性を高めて、良いライターを見つけたらコミットしてもらうこと。それは文字単価1円だとなかなか実現できないでしょう。

 

なかには、搾取に次ぐ搾取で低品質のコンテンツを大量に買い上げ、物量で攻めるというスタンスの方もおられるでしょう。しかし私は品質で攻める方とお付き合いしたいですね。

 

支払いで安心するには?

 

社会的信用とは、期日までにお金をきっちり払うことをいいます。ただし、ネットで依頼して前払いを選択すると、納品されないリスクがありますし、ライターさん側も支払われないリスクは避けたいことでしょう。よって、ランサーズやクラウドワークスの仮払い機能を使って、エスクローをしてクレジットカードの枠を仮押さえすることは、双方にとって安心です。

 

ただこれ、エスクローはクレジットカードの枠をおさえるだけなので、エスクロー後に最悪クレカが止まったら、確定はできませんね。そこはプラットフォームが立て替えてくれるのか、また聞いてみようと思います。

 

採用のためにSNSを育てるという戦略も

 

今回、満足行く募集ができたのは、日頃からTwitterを育てていたからだと感じました。高品質なライターさんとつながりを持ち、そして期日までにしっかり納品を果たすこと。それから、ちゃんと支払うことで仕事はまわっていきます。

 

採用のため、SNSを育てることは非常に重要だと感じました。これが、フォロワー数が少なければ、品質につながらなかったと思います。採用が難しいからこそ、SNSで日頃から発信していくこと、大切なんですね。

 

 

スポンサー