これからも毎年2000万稼ぐための戦略

f:id:toushitsufukei:20181005195355j:plain

 

「稼ぐ」というワードはいやらしいので、売上を積んでいく、とかそうした表現になります。タイトルはSEO対策。

さてさて、私は2014年にライターをスタートして、初年度こそ年収100万円でしたが、その翌年には一気に1,000万円近くなり、売上が増えてきました。今日は、これからも続けていくための戦略を考えたいと思います。

 

 

スポンサー

 

 

バブルの中を走り抜ける

 

といっても、基本は今までと同じです。つまり実績をどんどん乗せていくこと。ランサーズもそうですし、ウェブメディアで書いてバズらせたり、Twitterで存在感を増やしたりすることも必要。

 

いま、ライターの仕事は業界的にとても増えているような感触があって、私自身も4年前と比べ、やってくる仕事で求められる質が大きく高まっています。それは私に実績がついてきたことが半分、もう半分は業界が成熟しつつあることではないでしょうか。

 

そんなバブルの中を走り抜けて、私は何も残らなかった、空っぽだなと思っていましたが、ランサーズは840、クラウドワークスは210、合わせて1,000件以上のプロジェクト経験が残りました。あと、数々のバズった痕跡がウェブに残っていますし、ブログにも私がどんどん売上を伸ばしていく軌跡が刻まれています。

 

やっぱ遠回りなようで、実績をつみあげるしかないですね。

 

銀の弾丸はあるの?ないの?

 

私の場合は、いきなり1円ライターを抜け出してバーっと売上が増えたわけではありません。1円ライターは半年ほど。これが1円ライター時代、2014年のランサーズ売上のスクショです。

 

f:id:toushitsufukei:20181005195530j:plain

 

当時の売上は月30万円ほど。つまり、1日1万文字打って、1日中働いてたということですね。その時から、単価は平均して6~7倍になっていますから、売上もその分だけ増えているということです。

 

しかし、いわゆる銀の弾丸はあるのでしょうか?マーケティングを駆使すれば、最初から高単価で攻めることはできるかもしれません。ただ、それだと一発屋になってしまうリスク、パーッと浮上してパーッと消える可能性も十分あります。

 

売上がいきなり7桁になって有頂天になって…続かなくて、消える、というケースはけっこうあるんですよね。私は長く仕事を続けたいので、地道にコツコツ、やっていきます。

 

マーケティングという神話。銀の弾丸はあるかもしれませんし、ないかもしれない。

 

社会を変えたい

 

そして、自分の名前の下に何を書いていくか。記名記事もいくつか持たせてもらっているので、そこでもっともっと、人の心をぐぐっと動かす記事を書いて、メディアに貢献したいし、社会を変えるお手伝いをしたいです。

 

社会を変えたいなんて、今どきの風潮とはずれてるかもしれません。でも私は、心のなかで、私自身を貧困と病に追いやった社会に怒っています。怒りこそが変化の原動力ですから、私はこの非正規雇用と正規雇用の格差を追求し、社会に問いを投げ続けますよ。

 

私の重要なミッション

 

案件はどれも大切ですし、お客さんにとっては力を入れているメディアばかりなのですけれど、私でなくてもできる仕事も、正直あると思います。いま力をいれているのが、、、

 

・スマホで学ぶサイト、スマナビング!を業界No1にする

 

・働き方改革のメディア、ビヨンドでしつこく不当な格差解消を訴える

 

この2点。

 

特にスマナビング様は、全般的に関わらせてもらっていて、昨日もライターをTwitterで募集しました。SEO・SEM・SNS・コンテンツマーケ、持てるスキルのすべてを費やして、絶対に業界ナンバーワンに押し上げてみせます。実際、私が入ってからPVもドカンと増えており、ここから受験が盛り上がるタイミングなので力も入ります。

 

売上予測

 

毎日毎日、仕事することで売上は積み重なっていきます。4年間、ほとんど休まずやってきましたので、これからも日々コツコツを重ねていくつもりです。もっとスマートなやり方はあるのかもしれない、けど私には、これぐらいしかできることはないのです。

 

売上予測としては、ランサーズとクラウドワークスが合わせて80万、ブログが1000万、ブログ飯が75万。合計1975万円ってところでしょうか。後もう少し、ブログ飯(つまりnote)の売上が伸びれば、目標達成、ってところです。

 

あと3ヶ月。どこまで伸びるか、燃え尽きるまで走り続けます。

 

 

スポンサー