我が家は「ハリネズミのジレンマ」、さびしんぼうの二人を仲良くさせた方法とは?

 

f:id:toushitsufukei:20180905141935j:plain

 

※内容のないプライベート日記です。

 

我が家は、控えめにいって「ハリネズミのジレンマ」状態でした。お互いさみしがりや。「さびしさレベルが同じぐらいのペアは長続きする」という話をみかけたことがありますけれども、まさに同意で、この9年間、毎日一緒にいます。でも、ハリネズミと同じで、近づきすぎるとチクチクするんですね。それが悩みでした。

 

 

 

 

スポンサー

 

 

ちょっと最近、仲が悪かった

 

「売上が悪いっ!」といってポカッとされる。それは前からだったのですけれども、最近とみにその「ポカッ」が強くなっていました。痛い。暴力反対。暴力は絶対的に振るう側が悪いというすりこみをもつ私は、意地になってよけいに「売上がわるいっていうなら、忙しいときにちょっかいかけないでよね!」とプリプリしていました。

 

するとますます、相手は意固地になるという悪循環。これはよくないですね。

 

素直になってみよう

 

私はネットでは素直な人間をよそおっていますが、パートナーには反抗的な態度をとっていました。だって、反抗しないとどこまでも相手がつけあがると思っていたから。

 

しかし、思い切って、素直になってみたのです。しかも宣言して。「わたし、もうちょっと素直になってみようと思う!」といったところ、相手も「おお、それは賛成!」といって、譲歩してくれたのです。

 

なんと「かわいい」という言葉が

 

素直になって数日。朝お話していると、彼が「お前はいつもかわいいからなあ^^」とニコニコしながらいうようになったのです!おお、お互いが譲歩している!

 

関係が悪化しているときは、私もストレスがマックスで彼もイライラしていました。でも反省して、もっと素直に、一緒にいて楽しいなと思える人間になれるよう、努力していきたいと思います。人間関係もまた、努力が必要なんですね、学びました。

 

マガジンがんばってるよ

 

さてさて、市場では「CHIP」に「ポメル」にと、新しいサービスが次々リリースされています。それに飛びつく余力のないのが、現状です。いまはマガジンをがんばっています。毎日更新して、我ながら偉いですね。

 

なるべく同じネタにならないよう、なおかつ、過去ログを読んでいない人にも楽しんでもらえるよう、「サクッと読めて読者の時間を奪わない、ちょっぴり役に立って、なおかつ読み物として面白い」そんなマガジンになるよう、精一杯努力して参ります。

 

 何もかもが、人間的な成長につながるんですね。

 

 

スポンサー