1円ライターを抜け出すための、シンプルなヒント

f:id:toushitsufukei:20180825185458j:plain

 

今どきクラウドソーシングでWebライターをはじめるのって、悪い選択じゃないと思うんですよ。最初はタスクからポチポチはじめてですね、1円ライターになって、徐々に高単価になっていく。でも、1円ライターって激戦だから、なかなかしんどいですよね。今日は、仕事がなさすぎて廃業しないためのコツ、1円ライターを抜け出すコツをテーマにしようと思います。まああくまでヒントなんで、サラッと読んでください。

 

 

スポンサー

 

 

自由業やマイクロ法人が廃業しないコツ

 

それはですね、「発言小町のフリーランス失敗談」を読むことなんです。発言小町ってあるじゃないですか。あえてリンクをはりませんけど。あそこにいって、「フリーランス」とか「自営業 廃業」とかで、仕事の廃業談を探しまくるんです。

 

発言小町って、うちの旦那は年収が何千万円だとか、ちょっと信じがたい発言が多いじゃないですか。成功談や自慢は、ご覧の通りフカシが多いんですけど、失敗談だけは非常にリアルなんですね。

 

1円ライターを抜け出すコツ

 

1円ライターを抜け出す方法も同様で、「フリーライター」で小町を調べまくります。すると、紙の時代にライターをしていて、おそらくはその後、廃業してしまったであろう人たちの失敗談が山程でてきます。

 

とくにリアルなのが、

 

  • 1社だけのクライアントで絶好調だったけど、そこがなくなって廃業した
  • 入金サイクルが遅くてキャッシュフローが尽きた
  • 単価の引き下げ交渉に応じたら結局仕事もぽしゃった

 

とかで、先輩たちがいかにして廃業に追い込まれたかがわかります。もうね、学びの宝庫ですよ。

 

私が廃業しないために何をしたか?

 

1円ライターになる前、タスクばっかりポチポチやってたタスクワーカーだった頃、この廃業談を読みまくっていたんです。なぜなら、絶対に失敗したくなかったから。私には後戻りがきかず、クラウドソーシングというチャンスをのがしたら、もう生活保護しかないこと。そして生活保護すら、私の部屋の家賃では受けられないということ。よって、おしりに火がついていたけれど、誰にも頼れない、だから絶対に失敗できなという気合で、先人の失敗談を学びまくったんです。

 

これいいですよ、まじおすすめ。フリーランスがフリーランスにアドバイスしているQAとかも、失敗談はかなりリアルです。くれぐれも、読み込んで時間を潰しちゃわないようにしてくださいね。

 

では今日はこれで。最近、短くてすまんです。

 

 

スポンサー