手の震えによるQOL低下をカバーするリフトウェア(Liftware)スプーンの評判!Googleとフランスベッドによるパーキンソン病対策は?

f:id:toushitsufukei:20180401211502j:plain

 

パーキンソン病で手が震えてご飯が上手に食べられない」

「リウマチで治療法がないわ。グーグルとフランスベッドが開発したスプーンってどうなんだろう」

  

そんなふうに思っていますか?そんなときはグーグルとフランスベッドが開発した素晴らしい震え防止スプーンであるリフトウェア(Liftware)の出番です。私は実際に購入し、プレゼントしたのでその評判をレビューです。

 

 

スポンサー

 

 

震えてしまうと、食事にも支障が・・・

 

人間はつねに手の震えというものがあるそうです。しかし脳がその震えを制御し、普段は何事もなく生活していける。しかしパーキンソン病やリウマチになると、その脳のストッパーが動かなくなり、終始手が震えます。

 

手が震えると食事にも支障をきたすのです。そして、食事の際にご飯ばかりに集中することになってしまい、会話を楽しむことができなくなってしまうのです。また、震えが恥ずかしいといって外食にも抵抗を示すようになってしまいます。

 

脳を手術して震えを取るという方法もあるそうです。しかし100%成功するとは限りませんし、リスクもあります。また何より、高齢者の体に大きな負担をかけてしまいます。

 

リフトウェア、使ってみた実際の評判

 

そこで、グーグルとフランスベッドが共同開発したリフトウェアです。リフトウェアならスタビライザーが震えを吸収し、手が震えていてもスプーンが震えないので、食べることにストレスがかからず、また会話を楽しむことができるようになるのです。

 

しかしこれは、あくまで公式の説明。実際の使用感はどうなのでしょうか。今回、私はパートナーのおかあさまにリフトウェアをプレゼントし、実際に使っていただきました。

 

  • 慣れるのに時間がかかる。最初は緊張して震えが大きくなるので隠れて練習すると良い
  • 海外製のスプーンなので、サイズが大きい。小スプーンも別売りであるとのことなので探し中(情報分かり次第追記します)
  • 充電は3時間で完了。USBでも充電できるが、USBを高齢者が使うか?と言う問題。
  • スタビライザー部分がやはり大きく、グリップしづらいので結果食べづらい
  • 縦横に手が震える場合、横の震えは吸収できない可能性がある
  • 専用スプーンやフォーク部分のみ取り外して、そこを洗う。本体は水濡れ厳禁。
  • 介護保険は効かない。私はコツコツとブログ収入を貯めてプレゼント

 

初回使った感想はこんな感じです。

思ったより使いづらい、そして慣れが必要とのこと。しかし、練習次第です。説明書にも、慣れるには数日かかるし、ひとりで練習すると良い、というようなことが書かれています。

 

実際に開封してみた感想

 

デザイン性はさすが海外製品だけあって優れていますが、気になるのはスプーンが大きすぎること。小スプーンはAmazonに売っておらず、フランスベッドに問い合わせています。

 

初回はなかなか上手く使えなかったけれど、まず私からのプレゼントということで大変大変喜んでくださり、前向きに練習してくれるとのことでした。ありがたや。ヘソクリを全額費やした甲斐がありましたね。金額は21,000円。別売りのフォークが2,160円。あとは小スプーンですね。

 

フランスベッドのフリーダイヤルは0120-083413。

ここに問い合わせて、リフトウェアの評判の続報をまた書きます。

 

テクノロジーが介護の世界を変えようとしています。QOLを上げるためさまざまなメーカーがさまざまな技術を投入し、幸せな老後を送ることが可能になりつつあります。私のヘソクリでよければいくらでも買ってあげるので、パートナー母さまには幸せな老後を過ごしてほしいですね。

 

 

 

 

スポンサー