リモートワークとWeb会議が今キテる!【PR】

f:id:toushitsufukei:20180208133927j:plain

PR記事で失礼します。クライアントのエイネット様のご紹介です。

いま、リモートワークが確実に来ていて、私も自宅でよく使っています。個人の場合はSkypeがメインになりますけど、LINEもありますしZoomもあります。

 

 

Web会議すごいぞ

 

しかし、有料のWeb会議もあるんです。有料版が向いてる理由はこんな感じですね。

 

・セキュリティ的に安全である

・資料共有機能など、会議に必要な機能がる

・会議召集までのプロセスが違う

・シーンにあったツール選びが大切

・専用のサポートが付く。無料はオンライン自力サポート。

・結論、社員のITスキルが低ければ有料版を使う方が時間的に早い

 

 

大規模にWeb会議を使うとき、どうしてもITリテラシーの差によって、大規模になればなるほど、使い方がわからない人ってでてくると思うんです。それをいちいち対応していたらミーティングがスタートしない。

 

そこで有料版を使えば、サポートはついているし、そもそも1クリックで会議に接続まで面倒見てくれます。

 

Web会議システムは可能性に満ちている

 

お客さんだからというわけではないのですが、Web会議システムって可能性に満ちていると思うんですよ。まずコストカットになるし、自宅にいなければならない人も労働力としてカウントできるし求人として魅力がある、さらに全体の生産性も向上する。

 

そしてWeb会議は、大企業の会議にありがちな「上座・下座」がないので、フラットな発言の場が提供できると思うんですね。そして電子決裁システムと組み合わせれば、機構改革・組織改革も可能で、組織の意思決定をスピーディにしてくれる!

 

つまり会社経営に欠かせないツールになってくると思うんです。

 

増えるノマド人口

 

ノマドが増えています。ランサーズの調査によると2020年頃1,000万人のフリーランスが生まれるのだとか。アメリカでも労働人口の1/2がリモートワーカーになると試算されており、ノマドワーカーが増えてWeb会議マーケットの裾野が広がれば、Freshvoiceのパイも増えるかなって・・・だからSkypeとは競合していません。

 

みんなで伸びていきましょう。そしてWeb会議をよろしくです。

 

ライブコマースも増える!

 

そして中国を中心に伸びるライブコマース。中国はリアル店舗を中心に偽物を掴まされるリスクが高いため、インフルエンサーから直接買うというショッピングが、コト消費なだけでなく、信頼性にもつながっているのです。

 

そうしたジャンルもWeb会議はカバー中!どうぞよろしくです!