ブランディングとは何かわかった気がしたので、さっそく影響を受けて行動に移した

f:id:toushitsufukei:20180116031416j:plain

 

「ブランドとは確固たる信念のもとに構築される」

 

スナップマートのえとみほさんが以前そんなことをつぶやいておられました。昨日から読んでいたLINE田端さんおすすめの『ブランド人になれ!』は後半、一気に畳み掛けるようにブランドとは何か?ということが語られます。

 

 

志のないブランドなんて

 

「志のないブランドなんて」とトム・ピーターズは言います。確かにルイ・ヴィトン、グッチ、ティファニー、私たちの好きなブランドにはすべて志があり信念があるからこそ、確固たる地位を築くことができたのでしょう。

 

一流の企業(それがたとえひとり企業であっても!)には理念があり、社是があります。それを考えることが大切だと説いているのです。昨日も書きましたがこの本はなんと2000年の発売。まだ日本ではITバブルの頃でインターネットすらADSLだった時代です。

 

人間くさく、正直で、生き方の見本を示す

 

さらにブランディングでは「人間くさく」「正直で」「『生き方の見本』を示す」とあります。常識を疑い、正直かつ矛盾している。矛盾している!たしかにこれは同時に人を引きつける魅力的な生き方であり、人物像であると感じました。

 

LINEの田端さんおすすめ、ということで、たしかにLINEの田端さんも人間臭くて正直で(ときどき)矛盾していますね。なるほど、箕輪編集室というサロンでこの本は必読だそうで、たしかに納得のクオリティという感じです。Kindleなら即読めますし、マーケットプレイスなら500円前後で、メルカリでもコミコミ600円程度で買えるのでぜひ読んでみてください。スラスラ読めます。

 

“うわさ“されるようになること

 

噂話ってあんまり信憑性がおけないですよね。特にバックグラウンドや価値観が異なる人とは話すことがなくて噂話ばかりになる。そういうのって生産的では決してないですよね。しかし、うわさの人間になることは非常に良いことだとこの本では書かれています。

 

評判を呼ぶことがとても大切なことだから、と。ちなみに私は「一部ではとても有名な人」といわれることが多いのですが、どこで有名なのでしょうか???エゴサーチもしないし誰かが私の話をしてるなんてこと、想像もつかないですけどね。まあ、別にいいんですが。

 

とにかくブランド力を高めるには、そうした口コミマーケティングを知ることも重要だそうです。

 

さっそく影響受けてしまった!

 

私はこの本に影響を受けて、さっそくプロフィールアイコンを変更しました。ココナラで頼もうと思ってぼんやり見ていたら、めちゃくちゃ素敵なイラストレーターさんを発見。https://coconala.com/services/439222

 

f:id:toushitsufukei:20180116032234j:plain

そしてこの画像、1,000円で即納してくれました。何やら絶妙に似てませんか。これでプロフィールアイコンを統一して、ブランディングの真似事をしてみようと思います。私には社長という確固たる信念を持ったリーダーがいるので、よたよたとついていきます。

 

 

中身と外見と。ともに整えることが大切だとトム・ピーターズは言います。信念と志とデザインと。そして何より、自分が何を売っているのか、しっかりと見つめたいと思いました。自分を客観視すること、とても大切ですね。

 

トム・ピーターズの本は3部作になっています。左から順に「ブランド」「プロジェクト」「間接部門(人事・総務・経理)」です。 

 

        

 

ちなみに、LINE田端さんがオススメしている本はまた違うジャンルであと3冊あるので、それも随時読んでいきます。早く届かないかな。

 

スポンサー