2018年は一流の知性が時代をどう読んでるのか本から考えてブログに書いてくことにした

f:id:toushitsufukei:20180108170815j:plain

 

「ペルソナはメタップス佐藤社長。弊媒体で彼に刺さるようなコンテンツを書いてほしいんですね」

 

2017年最大の後悔は、そう依頼されて対応できなかったことです。とても心残りになっていて、自分のレベルよりもはるかに高いハードルを設定していただいたのに、そのチャンスをつかむことができませんでした。トラウマとコンプレックスになっています。

 

スポンサー

 

 

10年後の不安

 

正直に書くと実は私、今は良いけど10年後が不安なんですよ。なぜかというと、50代のプロライターさんたちが老害丸出しの記事をアップしているのを見るにつけ、「じ、10年後はこんな醜態をさらしてしまうのか・・・!」というとてつもない危機感が襲うのです。

 

新しい文化が受け入れられないだけでなく、若い世代を否定する、新しい価値観を拒絶するなど、こりゃやばいぞと思うんですね。

 

しかしその反面、現在45歳の孫泰蔵社長の年頭所感を読むに勇気づけられる側面もあります。https://www.facebook.com/taizoson/posts/10155372510529492

 

ダメになってくライターさんたちは、Webでウケることばかり考えている。今ウケることしかみてないから未来が見えない。反対にビジネスパーソンは未来を見てるので、そこを追いかけていきたいです。

 

ビジネス書を読んでアウトプットすることにした

 

というわけで、年頭から『お金2.0』といった素晴らしい本を読んで感動したので、今年は読書をしてどんどん自分の価値観を変化させていこうと思いました。「時代が変わるとは、人々の価値観が変わるということ」とはあちゅうさんも『自分を仕事にする生き方』で書いていましたし、自分を変化させていきたいです。

 

 

コンプレックスを克服しようとするときがもっともパワーがでるという仮説

 

読むだけでなくそれをブログにアウトプットしていこうとも思います。ペルソナはメタップスの佐藤社長か・・・かなりハードル高いですね。でも人間、トラウマやコンプレックスを克服するために努力しているときがもっともパワーがでるのではないでしょうか。私は高卒で社会に出たことがけっこうコンプレックスでしたが、それもなんとか学問しまくることで克服でき卒論で優もらえましたし。

 

ストレッチ目標が自分を伸ばしてくれる

 

少し高めの目標設定をして、自分の能力を伸ばしていくことが大事。それは今の仕事でも売上目標というものに必死でくらいついていって、3年前よりも多くの報酬を得ることができるようになったことからも明らかです。ストレッチ目標というやつですね。

 

そしてよく「ブログで書いてるような記事をうちでも書いてほしいんです」といっていただくことがあるので、ブログもうちょっとまじめにやることにしました。デザインも変え、プロにアドバイスもらいましたし、アウトプットを毎日して思考をドライヴしていこうと思います。

 

 

感想で紹介する本はAmazonリンクを貼って、またその報酬で本を買って、というサイクルで本当に良かった本だけ紹介します。そしてメルカリでも売れる本を紹介しようと思いますので、外れたらぜひメルカリに放流してください。メルカリはひとつの経済圏。ビジネスのマーケット感覚を磨くことができる貴重なプラットフォームなのでバンバン売っぱらっていきます。何度も読んでる暇はないので、一度の読書で集中してインプットアウトプットのPDCAを回していきたいです。

 

とりあえず、次に狙ってる本はこれです。

 

 

気がついたらブログ読者が相当増えていましたし、バリバリぶっとばしていくのでよろしくお願いします。