1円ライターなのは誰のせい?

f:id:toushitsufukei:20171220194458j:plain

 

文字単価1円で働いています。どうしたら収入が伸びますか?

 

 こんな質問をよく1円ライターの方からもらいます。単価を上げるにはどうしたらいいですか?収入を伸ばすには?どうしたら名もなきライターさんみたいになれますか?などなど。個別の質問は、たいていその辺でのんびりしている社長にも尋ねるのですが、

 

「単純に労働時間を増やすこと。いま10時間働いているのなら12時間働くこと。1円の仕事しか来ないということはそれが実力なのだから、それを自覚して労働時間を増やすほかない」

 

という身も蓋もない回答が返ってきます。報酬を決めるのは運か実力か。今現在の実力というより、過去の実績ではないでしょうか。私の単価がとりわけ高いわけでもなく、単価が1.2倍、1.5倍、3倍、5倍、7倍と増えていったので、収入が伸びているという単純な構図です。

 

ところで、今朝Facebookにログインしたら、3年前の2014年12月20日に、「新しいパソコンを買った!これで生産性アップ☆」という投稿をしたのが再浮上していました。当時の私は1円ライター。毎日1本1000円で記事を量産し、月に28万円程度稼いでいました。

 

当時はチケットキャンプさんのオウンドメディアで韓流とEXILEの記事を書きまくっており、月収28万前後で満足していました。しかしリスクをとって1円の仕事を減らし、より単価の高い仕事を取るように努力していったのです。

 

どうすれば単価が上がるか。やはり実績を積み上げるしかありません。自分の名前の下に何を刻んでいくか、何を積み上げていくか。そこをしっかり見つめてみることが大切ではないでしょうか。特にライターなのであれば、実名での仕事を増やし、少しでも露出を高めていく。

 

そしてなおかつ、自分の年齢にみあった仕事もしていくことが大切だと思います。アラフォーにもなって、男と女の話ばかり書いていたら成長しません。太宰治だったら別ですが、太宰並の筆力がないのであれば、年齢に応じた仕事をするべきです。

 

私は若い人向けの記事はあまり書いていません。介護ニュース、働き方改革、大企業分析、中小企業の戦略、税理士事務所のオウンドメディア、そしてIoTなど、自分が面白いと思えるもの、自分をペルソナにしたものを書いています。自分は0番目の読者ですから、自分自身が、「数年前、こんな記事を読みたかった!」と思えるようなものを書いていきたいです。

 

ちなみに今日は、ブロックチェーンと信用経済スコアリングと雇用について書きました。ブロックチェーンはまだまだ学習途上なのですが、評価経済というのはとてもおもしろいですね。また評価経済と雇用について1本書く予定です。この本を読んで熱くなっているので、熱量こもった記事が書けそうです。

 

 

ブロックチェーンと仮想通貨、そして評価経済は本当に私たちの世界を変えるかもしれませんね。実は私、家事代行さんが家に来て一生懸命家事をしてくれる姿をみるたび、

 

「大変な仕事だなあ。私みたいにライターをやれば、時給1000円なんてあっという間に稼げるのに・・・」

 

という感情が湧いてくることは事実です。しかし、仮想通貨に可能性を見出し、早期からリスクをとってベットしていた若い人たちにとって私は、

 

「大変そうだなあ。僕みたいに仮想通貨を初期から買っておけば、生涯年収なんて簡単に稼げたのに」

 

と思われる未来がくるかもしれませんね。私もすでにオールドタイプ、時代遅れなんです。

 

今日の売上

ニュース 16200

体験談  7100

オピニオン続き 10800

オピニオン続き 10800

IT 12000

ニュース 32400

合計89300