好きなこと、自分が書きたいことを書いて暮らす

f:id:toushitsufukei:20170207102357j:plain

 

私はクラウドソーシングでライターをはじめたので、最初のころは「こんなキーワードで書いてください」「このテーマについて書いてください」という依頼が大半でした。

 

しかしライターを続けているうちに、自分からネタだしすることの重要性に気がつくことになりました。単価が安くて指示が多いお客さんから、単価が高くて指示が少なく自由に書かせてくれるお客さんにクライアントを乗り換えつつ、仕事を続けてきました。

 

最近は自分からネタだしするお客さんも増え、自由に書かせていただくことが多くなってきました。そのため、大企業、中小企業、不動産、IT、働き方改革、そして芸能の分野において、自由にネタ出しをさせていただいています。

 

自分からネタ出しをするということは、最大限アンテナを張ってなければなりません。よってSNSばかりしているように見えるかもしれませんが、実はさまざまな業界の人やトレンドを配信するアカウントをフォローし、情報収集に励んでいるのです。特に不動産クラスタ、ITクラスタ、労働クラスタはとても良い情報が流れてくるアカウントを厳選しています。

 

遊んでるように見えますが、SNSは交流が目的というよりも情報収集がメインです。よってTwitterでは相互フォローが少ないかもしれません。

 

たとえばこの前、あるワーキングママクラスタが「スープストックトーキョー」について軽くつぶやいていました。「今日は帰りにスープ食べてかえろ☆」みたいな投稿だったと思います。その流れを見ているうちにとてもスープ社について書きたくなり、ビジネス+ITの担当者さんに連絡。するとネタが通ったので、自由に書きました。ちょっと諸事情で公開が遅れているのですが、シェアしたらぜひ読んでみてください。

 

働き方改革のビヨンド様も、ビジネス+IT様も、芸能やエンタメの記事も、自由に書いています。お客さんもきっと、自分からネタ出ししてくれるライター、そして好きなことを熱意持って書いてくれるライターを望んでいるのではないでしょうか?

 

というわけで私は、ほとんどの記事を自由に書いています。もちろん「これのアウトラインに沿ってこう書いてください」と言われることもありますが、自由に書ける仕事が多くなってきてハッピーです。

 

「なんで今頃スープストックトーキョー?」と言われても、私が書きたいことを書くのです。書きたい方向で書くのです!