「仕事ができる」とはどういうことか。仕事ができる人間は私生活でもしっかりしている。

f:id:toushitsufukei:20170207133052j:plain

私はパートナー(社長)ととても近くに住んでいますが一緒に暮らす気はありません。これからもないと思います。何故かと言うと、相手があまりに神経質すぎてついていけないからです。

 

たとえば、彼は一部屋、『男のロマン』であるガレージを借りているのですが、そこに何が入っているかを完璧にメモしており、「緑のスニーカーがない!」となると大激怒して(誰に怒っているのかは知りませんが)私に捜索を命じるのです。

 

また、家のアイスクリームの在庫管理や洗剤発注、日々の買い物なども全部彼が管理しています。そして私が欠品を起こして生活サイクルが止まると「なぜ在庫を把握していない!」といって激詰めしてくるのです。

 

彼はよくネットショッピングをするのですが、荷物がいつ何個届くかも完璧に把握しており、朝の7時からヤマトや佐川に電話しては、「何時に持ってくる?今日は事務所に」などと指示を出しています。私には「届いたらLINEしろ」としつこく命令。こんなの日常茶飯事です。

 

今の仕事場を事務所として借りているのですが、ここまで神経質に管理されると、同居する気は失せますね。男アラフィフにして生活もキレイ好きで、洗濯も丁寧に丁寧に行っています。もちろん食に関してもうるさく、コーヒー濃いめとか食べる順番とか、すべて決まっています。健康管理も完璧に行っておりスタイルがよく若々しいのは良いのですが、完璧主義すぎます。

 

これだけ神経質だと仕事面でも同様で、「月末いくらはいる?」「15日はいくらだ?」「昨日の売上は?」「なぜノートの累計と入金額があっていない?」などと毎日のように詰められ、本当にしんどいです。とくに25日頃から月末にかけては、クレジットカードの支払いなどもあるので余計に彼がピリピリしているのが伝わってきて、仕事しながらだととてもお相手するのが疲れるのです。

 

私は「リピートしてくれている法人なんだし必ず入金してくれるし、大丈夫だよ」と言っているのですが、ご納得いただけないようです。しかし、詰めが甘いのは私のほう。お客さんは本数をカウント間違いしたり、入金が2回になったりと、結構ミスも多いのです。相手がミスしたら指摘するのは私の役目です。もちろん受託側なので丁寧に指示していますが、裏で社長がカンカンに沸騰しているのをなだめながら、丁寧にメールして指摘しています。

 

社長が神経質すぎるのか。それとも世の中がルーズすぎるのか。私は前者だと思いますが、社長は後者だと言います。

 

「仕事ができるということは、日常面でもしっかりしているということ。生活態度がルーズだと、仕事にも悪影響を及ぼす。職場でだけ厳しくても、そんな詰めの甘い生活ではミスが出る」

 

と言われました。でも私、仕事を通じていままで10人以上の上司が変わりましたが、こんなに生活面でまできっちりした人みたことないですよ。もちろん、異性として見てもここまで神経質な人はまれではないでしょうか。よく知りませんが。

 

とにかく、私が「ヤマトや佐川のお兄さんは不在配達などもあって大変なのだから、朝から時間指定でごちゃごちゃ言うのは止めてあげて。こちらはずっと家にいるのだから」と言っても、「それは宅配側の事情。こっちには関係ない。10時に持って来てといえば10時に持ってきてほしい」といって聞きません。私はドライバーかわいそうだと思うんですけどね…。

 

「ちょっと神経質すぎやしないかしら?」と聞いても、「仕事が出来るということは、日常面でも完璧に管理できてるということだ!お前だって俺が生活面の面倒見てやらなきゃこんなにちゃんとした暮らしできないだろ!」と激おこです。

 

会社員時代に比べて生活にゆとりがでるようになりましたが、生活面ではかなりきっちり管理されています。嗚呼神経質哉。たまにはおせんべいポリポリ食べながらゴロゴロしたいと思う私なのでした。