キャリア開発は永遠の悩み。40になっても何をすべきかで悩む

f:id:toushitsufukei:20170207184153j:plain

ううう風邪を引いてしまいました。

もう耐えられなくて、1日休んだんですけど、まだ回復しません。

ダラダラ寝ていても仕方ないので、起き上がって仕事をしています。

でも、咳がひどくて、体力を消耗します。1日に2本オピニオンを書くことが多かったけれど、かなりの精力を使うので今は一本が限界です。

 

私はIT業界で13年ほど働き、その後は経理事務の仕事を3年ほどやっていたのですが、ここ2年ほど新しいことにチャレンジしています。それが、ニュースのオピニオンを書くことです。ニュース書きだけなら、AIに代替されてしまいますが、オピニオンは今のところ人間にしか書けないですよね。さまざまなデータと根拠を駆使しながら、いろいろなメディアで書かせていただいています。

 

エンタメニュース、社会保障改革、働き方改革、ビジネス分析などですかね。Yahoo!トップに掲載されることもあれば、Newspicksで盛り上がるときもあります。あまりに辛辣なコメントがつくときもありますが、議論を呼ぶきっかけになれて幸いです。

 

しかし、このようなトレンドを追いかけ、オピニオンを出していくことは、私の会社員生活では経験したことがなかったことで、ゼロからスキルを積み上げてきたものです。偶然、ライターをはじめて1年目にSNSでつながったライターさんからニュースの仕事の紹介を受け、スタートしたものです。

 

結構稼げるので、がんばってスキル開発しています。

打算的なようですが、キャリアやスキルを開発して実績を積んでいく上で、稼げるジャンルかどうか見極めるのはとても大切だと私は思っています。今はコンテンツマーケティングバブルですが、どうしてもフィーに限界があるジャンルはあるので、そうした分野を避けて、うまく稼げるジャンルにスライドしていく必要があります。

 

そもそも、私が就職したのは1997年。そのころはY2K問題でかなりの売り手市場だったのです。プログラマの需要が高く、ノースキルの女子高生あがりでもなんとか就職できました。それから、2000年頃にはITバブルが起こって、私は渋谷のベンチャーに勤めました。さらに、2002年にはeJapanバブルが起こったので、SIerに転身しました。

 

でももう、業務系のエンジニアは業界も頭打ちかもです。今後はメンテナンスやリプレースの商談が多くなり、あんまりおもしろくないと思います。

 

 

経理の仕事は、キャリアアップというよりはスキルアップ、職の安定という意味で使えますが、今はどうかな、クラウド会計などが出てきたので、もう仕事はないかもしれません。私が働いていた5年前は、まだクラウド会計はなかったので女性の経理ニーズはありました。

 

ライターとして働いている今も、嗅覚を働かせて、稼げる方向に移っていこうと思います。

ニュースのオピニオンの仕事、考えてみれば、まったくのノースキルからチャレンジしてきたものです。そう考えるとまだまだキャリアは浅い。日々精進です。

 

昨日の売上

ニュース 16200

企業分析 19440

構成案 5400

ニュース 32400

合計73440