2015-11-11から1日間の記事一覧

生きる場所が、どこにある?

編集者でフリーモデルの朽木さんは、医学部を出て、奨学金800万円抱えて、ライターになったそうです。ライターとしては2年目かな?私と同期ですね。 博報堂を辞めてライターになった中川淳一郎さん、リクルートを辞めてライターになった常見陽平さん。(現在…

高単価のライティング仕事がほしいと思う前に

引用:ぱくたそ あまりに単価の質問が多いので、これを書きます。でも思っている答えとは違うかもしれないので、ご容赦ください。 1文字1円の仕事をとる方法はわかった、でも高単価の案件がとりたい。そう思うのは向上心があるなら当たり前です。1文字1円で…

競争せずに市場を生きる。理由は女だから。

引用:ぱくたそ 最近、ランサーズとクラウドワークスで、仕事がない、単価が下落しているというお話をよく聞きます。相談を受けることも多いし、自分の目で見ても確かに高単価の案件は出回ってないような気がする。 toshitsu.hatenablog.com ここに書いたよ…

フリーライターとして貧困問題を考える

引用:ぱくたそ 私は(元)貧困層です。派遣社員時代は給料14.5万円、年収273万円。それでも仕事が見つからなかった。友達には生活保護者・年金受給者・福祉を受けられなくて自宅で悶々としているニートがたくさんいます。 彼らは、すぐに「お金チョーダイ」「…