名もなきライターのブログ(千葉市かず.inc)

自分の手で人生を切り拓いていゆく。連絡先:namonakiwriter@gmail.com

Amazonになりたい

f:id:toushitsufukei:20190418180839p:plain

 

今日は書評といいますか、本の感想ブログです。本来ならマガジンに書いてもいいのですけど、あまりにボリュームがあり、なおかつ読み応えがばつぐんで、そして私流に“ひねり“を効かせることが(まだ)できないため、そのまま感想をお届けします。

 

 

AmazonのtoC

 

Amazonになるということはどういうことか。すなわち、toCとtoBを両取りするということです。Amazonは、街の本屋を駆逐するところからスタートし、書籍チェーン店のボーダーズ、家電量販店のサーキット・シティ、そして最近ではトイザらスを死に追いやりながら、危険な膨張を続けています。

 

toCを取るということは、安いということです。圧倒的な品揃えで、地球上のすべての場所で、あらゆる買い物体験ができることを宣言してスタートしたAmazonは、toCをすべて撮っていますよね。私もtoCで稼ぎたいような、怖いような…。

 

AmazonのtoB

 

一方で、小売のバックグラウンドを持ちながら、ここ5年のAmazonは、法人向けインフラ企業としての顔を見せようとしています。これもAWSの登場によって、私もかつて所属していた日系SIerを窮地に立たせました。ベンダー企業としてパソコンを売って売って売りまくるという日系ベンダーの仕事は、20年前には向かうところ敵なしと思われました。

 

しかし、時代を読みそこねることは、直ちに死につながるのです。IBMがレノボを売却し、NEC、富士通もまたリストラせざるを得ない状況に追いやられました。ハードを売って大儲けする時代から、クラウドの時代へ。AmazonにおけるtoBの売上は膨らみ続け、今後は小売りを抜くだろうと考えられています。

 

私もtoBがメインの仕事です。ランサーズやこのブログで集客した法人のお客様相手に、記事を納品する受託の名もなきウェブライター。それが私です。

 

私とAmazon

 

さて、私の個人的な話をしてみましょう。私は今から10年前、転職活動をしており、そのときAmazonの説明会に呼ばれたことがあります。倉庫の面談?いえいえエンジニアとしての面談です。みなさんは、AWSがいつ登場したかご存知ですか?5年ぐらい前にようやくクラウドが使われだし、最近になって爆発的に広がっていると思うのではないでしょうか。

 

しかし、実は私が面接にいった10年前の段階ですでに、クラウドというネーミングはされていなかったものの、クラウド型サービスの構想はあったようです。現に私が呼ばれた採用セミナーは、リモートですべてが実現する世界をテーマに、クラウドの夢が語られていました。

 

正直、そのときは自前でサーバを持たないビジネスモデルを不思議に思っていました。しかし、そんな私もまた、時代を読み切ることができず、流れに翻弄されて失業し、結果としていま流れ流れてライターをしています。

 

あのころのAmazonに採用されていたら、うーん、もしかしたら、私もまた違った人生があったかもしれません。ただ、Amazonは昔も今も、すさまじいブラック企業であり、セミナーの最中も、後ろでエンジニアがカタカタと仕事をしていました。GAFAの食堂でご飯を食べたいと思いますか?あれは、帰宅する時間がないからこそ、社食がでるわけです。

 

かなり面白い本でございます。

 

https://amzn.to/2DjX7EW

 

 

エモい文章を書く秘訣。どこまでも変化していこう

f:id:toushitsufukei:20190414081317j:plain

 

今日のブログは、マガジンのバックナンバーを加筆訂正してお届けします。

エモい文章はどこから来るのでしょうか。エモいとは、情動的であり、エモーショナルであり、心にささる文章のことです。

 

いろいろな人が、いろいろなことをいいます。ある人は、ある人は「エモい文章は書きたくない」と。

 

私が考える、エモい文章は「変化」が書かれていることです。そう、変化。今回は、2018年に爆発的にバズって一気にインフルエンサーとなった、iSaraオーナーのユーキさんのプロフィール文を参照しながら、エモい文章について考えていきましょう。ちなみに、このプロフィールは、私が初稿を拝見し、アドバイスさせていただいております。

 

  

エモいとは変化

 

 

この文章。初稿は荒削りだったので、冒頭だけは私が考えているのですけど、このように書かれています。

 

僕(@yukithaihalf)は大学在学中に月800万円を稼いでいましたが、人生は変わりませんでした。寧ろ、お金に人生を壊されかけました。そんな中、「ある事」キッカケで僕の人生が動き出したんです。(

21歳で起業して月収800万稼いだ僕の半生を語る。そこで味わった人生の絶望と希望。 | e-z-life

 

 

変化が書かれていますよね。

ただ、これは過去の変化です。ユーキさんのプロフィールには、お金を稼いでも人生は変わらなかったという過去の変化(未遂)、iSaraのみんなに出会って人生が動き出したという現在の変化、そしてこれからこのプロフィールを通じて、もっともっと大勢の人と出会い、人生を変えていきたいという未来の変化が、すべて書かれています。

 

だからこそ、大勢の人に読まれ、涙を流させ、読後感が最高に素晴らしいのです。最高の自己紹介文であり、ネットで話題になったのも納得できます。

 

ひとつ明かしていなかったこと

 

冒頭だけは私が考えて、残りはユーキさんが書かれたのですけど、いくつかアドバイスさせてもらいました。そのひとつがプロフィールには具体的な名称を書くこと。これもエモさを引き起こすひとつのフックになっています。最初は抽象的で観念的だった文章が、具体例、つまり日本のどの街の出生だったのか、タイのどの街在住だとか、どの大学だとか、そうした具体化した単語によって、より読み手の人生に接続されます。

 

これはヤンキー漫画と同様の仕掛けとなっています。ヤンキー漫画が日本人に非常に好まれるのは、ディティールが細かく描写されているという側面があり、たとえば携帯電話や自動販売機が細かく書かれています。これがリアリティつまり日常観をかもしだし、作品と読み手がそれらの描写を通じて、地続きになるのです。

 

ユーキさんがヤンキーだといってるわけではありません。エモい文章を書くには、こうした変化と日常のディティールが必要だという話でした。

 

こんな話ばっかりしている名もちゃんマガジンをぜひ。月350円の破格です。寄稿やライティングのご依頼も、お待ちしています。

 

名もちゃん気まぐれマガジン|名もなきライター(S.Watanabe)|note

(ポエム)イケハヤ『界隈』と呼ばれて。あるいはnoteを売る方法

f:id:toushitsufukei:20190412064944j:plain


ひとつ最初に謝っておかないといけないことがあって、私は以前、「イケダハヤトは現代のソクラテス」だったり、その手下の方が売ったnoteをうっかり買ってしまい「こ、これは詐欺師の教本じゃねーか」だったり、このブログに好き放題書いていましたが、どうも私のやっかみだったようです。

 

なぜなら、4月のブログ収益、すなわちクライアントワーク以外の収益が100万円に到達しそうだからです。しかし、それでも私はプロブロガーではありません。あくまで本業は、お客様に記事を納品しアクセスを送る受託の名もなきウェブライターなのです。

 

 

 

noteを売っていたら…

 

私は最近ではあまり匿名掲示板をみません。辛辣なことを書かれたらつらいというか、なんていうか、いまどき掲示板で情報を探している時点で、ちょっと古い人たちの集まりかなと思うからです。

 

じゃあいまはnoteだTwitterだと考えてはいますが、noteで月額350円の文章術マガジンを売っていたところ、Twitterでこんなことを言われました。

 

f:id:toushitsufukei:20190412065242p:plain


 

自称稼げているライター」というのは、よくいわれますし、私も売上を証明する手立てを持たないので、(昔、通帳を貼り付けたら速攻で晒されたので嫌)まあどうでもいいんですけど、「noteゴリ押し系」という評価は、、、なんてがさつな紹介なんだと思います。

 

ウォチャーが可視化された

 

いろいろな人がいろいろなことをいいます。たとえば私だって、「こいつ統合失調症じゃん、やばい!統失に記事書かせたらやばい!」といいながら「この人との契約を解除してください」と私のクライアントに言って回った大馬鹿者が昔いて、、、ブチ切れたらブログを消してどっかいっちゃいましたが。

 

しかし、この紹介は雑ですね。この方はアンチではなくて、いろいろな人を順番に紹介しているウォッチャーという感じ。ただ、私このスレッドに並ぶ方を、ジャックさんのぞいてまったく知らないんですね。そもそも、みんな見たことがなかったです。

 

noteを売る方法

 

そんな「界隈」というがさつな分類をされたところで、noteを売る方法をみていきましょう。単発でnoteを売るのは結構簡単です。

 

  • 文字数を鬼盛りする
  • タイトルで権威付けする
  • 無料部分のリードで煽る
  • 値段をコロコロ変える

 

と。ただこれは中身関係ないですね。つまり売れてるnoteだからって、質が高いとはいいがたいのです。では中身をどうするか。

 

  • 初心者向け
  • 決定版、保存版

 

で広くパイを取っていくと、割と簡単に単発noteは売れます。

 

本当に難しいのは月額マガジン

 

ただ、難しいのは月額継続マガジンです。私でいうところの月350円の名もちゃん気まぐれマガジンです。サブスクリプションモデルですから、継続してもらうには中身が面白くなくてはならない。

 

つまり読者とクリエイターの真剣勝負。私だって、読者さんとのガチ対決だと思って毎回書いています。月額マガジンに、「普通」という評価はありえません。面白くて継続か、つまらなくて解約か。どちらかしかないので、ロックに生きたい私にあっています。

 

 

 

そして、私はこのウォッチャーの方に、名もちゃん気まぐれマガジンをおすすめしました。なんと、課金してくれるそうです。つまり、真剣勝負です。私はマガジンを1万人に課金してもらいたいと思っています。本気で。だから、ファンもアンチもウォッチャーも巻き込んで、熱狂を生み出す必要があるのです。

 

ファンにもアンチにも左右されている時点で二流

 

ただね、ファンの声援に歓喜し、けなされて落ち込む。そんなことで一喜一憂している間は二流です。なぜなら、イチローは応援されてもけなされても、自分のスタイルを変えないからです。もちろん、イチローだって悔しいことはたくさんたくさんあったと思う。でも彼は決して自分の流儀を変えないのです。

 

私もそうありたい。だから、私はこれからもマガジンで真剣勝負を続けます。どうかご期待下さい。

 

課金者600名!名もちゃん気まぐれマガジンとは?(漫画あり)|名もなきライター(S.Watanabe)|note

 

文字単価10円で好きな仕事だけしながら、あとはウォーキングしたりカフェ行ったりして残りは寝て暮らすライフスタイルを実現するには

f:id:toushitsufukei:20190402202909j:plain

 

2014年11月頃にライターをスタートして、ほぼノンストップで書き続けてきました。とにかくハードワーク。朝は3時半に起床して21時に力尽きるまで、ずーっと仕事をしてきました。

 

しかし最近は文字単価が上昇し、10円前後で書いています。さらには、好きな仕事、自由に書いてくださいというご依頼も増えてきたのです。文字単価10円だとちょこっと仕事するだけで売上目標に到達しますから、だいたい月商150-180ぐらいで午前中だけのんびり仕事しつつ、あとはウォーキングしたりカフェいったりしてます。カフェでマガジンのネタを考え、頭を使いすぎるのでいっぱい寝て。のんびりゆったり暮らしています。

 

文字単価5円で1日中働き10,000文字書いて1日5万円稼いでいたころから、10円で午前中だけ働いてあとは自由に暮らすライフスタイルへ。変化があったので、どうやってそうしたライフスタイルを実現するのかブログに書いてみたいと思います。

 

 

 

目に見える実績を積み重ねる

 

こうしたゆとりあるライフスタイルに欠かせないのが、目に見える実績です。たとえば、文字単価1.5円で一日中働いている人が、誰かの高額noteを買ったからといっていきなり10円の仕事だらけになり、のんびり暮らせるかというと厳しいわけです。

 

それは婚活市場で、自分は大した魅力もないのに、年収2000万の30代イケメン男性次男とマッチングすると、しかも向こうからアプローチをかけられると考えるのと同じことです。それは妄想であり、そうした考えを持っている限り、高いnoteを買ってネットをウロウロすることになります。

 

やっぱり高い実績と条件の良い仕事がマッチングするんだと思います。

 

オリジナリティがあって型にはまらない文章を書きまくる

 

でも、そうはいっても、いきなり実績なんてできないですよね。そこでひとつ、私はサロンで1円未満のライターさんの面倒をみるたび、1円ライターだった頃をよく思い出して初心にかえっているのですけど、私は1円の頃から、とにかくオリジナリティのある記事をひねってひねってひねりまくっていたんです。

 

そうですね、たとえば「森山直太朗」がキーワードの記事を書いていたとき、「森山直太朗さんにうんこという名曲があって、うんこは自意識を表象しています。うんことは私たちそのものであり、私たちから出ていって、彼の曲となってまた戻ってくる」みたいなわけのわからないコラムを書いていたんですよ。

 

そしたらお客さんにめっちゃウケまして。面白い面白いと言われて、次々仕事が来るようになったんです。1円ライターの頃、周りでニーズがあったのが音楽メディア(チケットキャンプさん)で、私はライターになる前は20時間ぐらいネットの芸能掲示板にはりついていましたから、ちょうどよくマッチングしたんです。

 

ひねりのある文章はどうやって書くか

 

オリジナリティが高くなくてもいいんですよ。ひねりましょう。たとえば、「ライターには営業力が必要です」という文章を書くライターもいるんですよ。でもそれって、「パソコンを動かすには電源をいれましょう」っていってるのと同じで、何も言ってないに等しくないですか?

 

営業力が必要です、って、大多数のライターは書いちゃうんですよ。でも私は今日のマガジンで「ライターはマクドナルドから学べ」って書きました。お金を払って読む、時間を投資して読むなら、どちらが読みたくなりますか?営業力が必要だと書いた記事、読みたいですか?

 

ひねることができない人へ

 

ひねりましょう。ひねってひねってひねりまくりましょう。そのためには、日頃からひねった意見をいう人たちの投稿をみてみるといいですよ。

 

ヤマシタサトシさん @OFFRECO1

ベルフェイス西山さん @nishiyama620  

Yusuke Sumi さん @YusukeSum

ミニマリストしぶ さん@SIBU_

ピンカリさん @shinpack4444 ‏ 

植木大介 さん@daisuke_ueki

高崎順子 さん @misetemiso

桜川和樹 さん@sakucchi

ロボ太 さん @kaityo256 

Okuma さん@okumat 

フジイユウジさん @fujii_yuji 

安田佳生さん @yasuda_yoshio 

shao さん @shao1555

あいさくさん @IsaacNakamura ‏ 

 

上記のアカウントは、私がフォローし、ときに相互フォローになってる人なんですけど、めっちゃ投稿がひねってて面白いです。私ときどき、彼ら彼女らの投稿をみて自信をなくすんですよ。私あんなふうに面白いこと言えないわって。

 

逆にいうと、私はひねった投稿をする人“だけ“をフォローしており、美辞麗句や意識高い投稿をされる方というのはどうでもいいんですよ。お役立ちコンテンツもいりません。とにかくオリジナリティが高い人の投稿を拝見して、その背後にある価値観をトレースしています。

 

のんびりしたライフスタイルにチャレンジ

 

この1ヶ月ほど、文字単価10円で午前中に好きな仕事だけして、あとは寝て暮らしています。午後からはウォーキングしてカフェいって、マガジンネタを考えて。好きなだけ昼寝もして、ゆったりと。これで月商150-180ぐらいなら悪くないです。

 

これは単価があがって仕事の質が上昇し、人生が良い方向に濃縮されたのだと思っています。ニーズがあれば、今後も書いていきたいと思います。

 

今日はブログに書きましたけど、またこんな話をマガジンででも。月350円なので新年度の自己投資にぜひ。 

 

課金者500名!名もちゃん気まぐれマガジンとは?(漫画あり)|名もなきライター(S.Watanabe)|note

クラウドソーシングで提案に勝つためのヒント

f:id:toushitsufukei:20190323042910p:plain

 

名もちゃん気まぐれマガジンという、コンテンツ配信サービスで仕事に関するコラムを配信しています。なんと毎日更新で月350円。衝撃の価格破壊です。今日のブログはその宣伝も兼ねて、バックナンバーの11/24 号からひとつご紹介していきたいと思います。

 

【目次】

 

提案に勝つには?

 

本日はランサーズやクラウドワークスといった、商談の場所において提案に勝利する方法論を見ていこうと思います。ひとつのヒントにしていただければと思います。昨今、クラウドソーシングは非常に利用者が劇的に増ています。クライアント数が増えると同時に、ライバルも増えていて、勝ち抜くのは至難の業となります。

 

私個人は、提案することはほぼなくなりましたが、それでも不安定な稼業なのでつねに案件には目を光らせていて、仕事を探しています。仕事はテキパキと終わるので、暇になるときも多少はあります。

 

内容が興味深く、条件もよく、コミュニケーションが上手に取れそうな相手なら、やってみたいなと思いますよね。

 

成功者のnoteを買っても無意味

いきなり自分のマガジンを否定するようなことを書きますが、調子が悪いときに私のマガジンを読んでもあまり効果はないのでは?と思っております。あくまで私がやってきた方法論であって、自分がスランプのときに私のマガジンを隅々まで読んでも、病気になったとき、その病気が完治した人に話を聞きに行くのと同様に、無意味です。

病気になったときにまず頼るべきは医者。つまり科学的根拠のあるメソッドなのです。それがマーケティングなのかブランディングなのか心理学なのかは、さまざまです。しかし、スランプの際に、調子が良さそうな人の話を聞いても、病(スランプ)が治るわけではありません。

 

科学的アプローチとは?

財布から10円なり100円なりを出して、まずどちらかの手に握ってみてください。そこで私が、「右じゃないですよね?」と聞きます。すると、当たっているのではないでしょうか。つまり、右に持ってる人も、左に持っている人も、ドキッとして自分の心が見透かされた気がするのです。

これをフォースのテクニックと呼びます。

 

クラウドソーシング提案で勝つには?

フォースのテクニックをクラウドソーシングの提案にも使うことができます。つまりA案とB案を用意するのです。そして、顧客に選んでもらいましょう。

 

さらに対面であればこのA案B案の2案を出すのは効果的で、

 

「どちらも良いですよ。A案は機能面で優れていますし、B案はリーズナブルです」

 

といいながら、ちょっとだけA案を顧客側に押し出すのです。すると、いつの間にかお客さんはA案を選んでしまうというわけです。

 

というわけで、今回はコンペで勝つ方法でした。

 

いろいろなテクニックがありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

@@@


マガジン、いかがでしたか。

月350円なら継続で読めますし、バックナンバーなら月額500円で一か月分のコンテンツがすべて読めます。(ぐいっと350円を押し出しながら)

 

このブログには、いくつかマガジンのバックナンバーが載っていますので、内容の参考にしてもらえればと思います。すでに250記事近く書いており、圧倒的物量で攻めています。

 

登録はこちらから

 

 

二次流通を極めよう。メルカリ&ヤフオクにまつわる噂を検証【PR】

f:id:toushitsufukei:20190308181604j:plain

 

こんにちは。名もなきライターです。

 

いま、若い人たちを中心に、ライフスタイルと消費行動が変わろうとしていることをご存知ですか?これまでの時代は、所有することが喜びでした。いかに買って、いかに持つか。しかし、「売ることを前提に買う」という流れに変化しつつあるのです。

 

やましたひでこさんの断捨離、スティーブ・ジョブスが取り入れた禅の思想、ブームのミニマリズム、そして、アメリカを席巻する『人生がときめく片付けの魔法』のこんまり様。

 

こうした流れは、外界がコントロールしづらい反動がきていると考えられます。社会が複雑化し、家の外が思う通りにならないので、せめて内面の自由を手に入れよう、そのためには、家の中の荷物をスッキリさせて、心を解放しよう、そんな感覚ですね。

 

そうじゃないと、東洋だけでなくアメリカでもこんまり様がブームになったことの説明がつかないかなと。

 

そんなかたいことはさておいて、メルカリやヤフオク、やってますか?

 

日本ではメルカリが非常に熱いですよね。1億ダウンロードを突破し、流通総額は1兆円。まさに日本が生んだユニコーン企業です。そしてヤフオクは、もう20年近い歴史のある、日本の二次流通マーケットの代表です。私もメルカリやヤフオクのヘビーユーザーなのですけど、今回はPR記事として、二次流通を極めようという記事をお届けしようと思います。

 

このPR記事は、伸びシロサロンと㈱セディナとのタイアップ企画です。

  

【もくじ】

  

二次流通が熱い

 

f:id:toushitsufukei:20190307051720j:plain

 

二次流通。そう、買ってきて、ちょっと使って、即座に売る。そんな消費スタイルを取り入れてみようというのです。これは今どきの人にとっては当たり前のライフスタイル。では、具体的に二次流通で何が売れるのか?経験則と、リサーチと、人の噂で検証してみましょう!

 

私の経験上、ビジネス書は結構売れます。そして、メルカリ公式によると、ユニクロが売れるんだとか。さらには、Twitterで見つけた話によると、誤字のある出品を買ってきて、売ると、いいことがあるかも・・・!

 

この噂を、検証してみます。

 

 

ビジネス書を買ってきて読み終えたら売る

 

f:id:toushitsufukei:20190307051851j:plain

 

最初は、ビジネス書を買ってきて、読んで、ソッコー売るという行為。私は非常にビジネス書が好きでですね、買ってきて、読んで、読み終わったら売ってるんです。ではやってみましょう。

 

2019年3月。いま流行りのビジネス書を買ってきました。支払いはもちろんセディナカードJiyu!da!

 

買ってきたのはこの3冊。

f:id:toushitsufukei:20190306175646j:plain

 

・『コミュ障でも5分で増やせる 超人脈術』メンタリストDaiGo著

・『コーチングの神様が教える できる女 の法則』サリー・ヘルゲセン&マーシャル・ゴールドスミス著

・『ファクトフルネス』ハンス・ロスリング&オーラ・ロスリング著

 

どれも名著と名高い、2019年に入ってから登場した書籍です!

 

簡単に解説すると、

『超人脈術』は、スーパーコネクターと呼ばれる、人脈のフックになる人をおさえて、そこから人間関係を展開しようという話。

 

そして『できる女』は、女性がビジネスにおいて陥りがちな12の落とし穴とその回避策を紹介してくれています。

 

『ファクトフルネス』はTwitterでも話題だからご存知ですよね。誤謬(ごびゅう)を見抜く目を持って、科学的に物事を見つめようという本です。

 

どれもすごく面白かったので、仕事に活きると思いますね。さっそく出品してみましょう。

 

DaiGoの本は、値が落ちづらいので1,300円、できる女本は在庫があまりないので1,700円。ファクトフルネスは人気の本で二次流通が多いけど、思い切って1,750円でどうだ!

 

ちなみに、メルカリではバーコード出品が可能なので、本の裏のバーコードをピピピッと読むだけでほとんど終わります。

 

ユニクロ製品の季節セールを賢く利用

 

f:id:toushitsufukei:20190307051817j:plain

 

実は、メルカリでもっとも多く流通し、売られているブランドは『ユニクロ』製品なことをご存知でしたか?(参考リンク

日本が生んだ格安衣料品店ユニクロはただでさえ安いのに、なぜ流通するのか?それも、もっとも多いのはなぜ?謎が謎を呼びますよね。

 

調査班(笑)は、真相を確かめるべく、ユニクロに向かいました。時期は3月。ちょうど季節がかわり、衣替えのタイミングです。いいんじゃない、これなら、冬のセール品を手に入れて、どんなふうにユニクロが売れるのか、確かめることができます。ただ、ユニクロを中古で売るのはちょっとはばかられるので、新品で売ろうと思います。

 

え、意味ない?実験なんでご容赦を。でも、ドキドキしますねーーー!

 

ユニクロで超安い商品を見つけるコツ。それは、ワゴンを狙うことです!今回はとっても掘り出し物がありましたよ。

 

ニット帽がなんと390円!!!!

 

 

f:id:toushitsufukei:20190306175520j:plain

 

そしてルームウェア(下)は、980円と書いていますが、レジで500円ですわよ。 

 

f:id:toushitsufukei:20190306175853j:plain

 

 

ヒューーーー!すごい!

これ、売れるんちゃう?売れなくても、自分で使えばいいだけだし、もしかしてこれは、誰も損しないのでは…。

 

さっそく、出品してみました。

せっせせっせ、ニット帽はちょい季節外れだから400円にして…

 

f:id:toushitsufukei:20190306213545j:plain

 

ルームウェアは強気の750円!

 

f:id:toushitsufukei:20190306213609j:plain

 

 

ワクワク…

 

 

名前間違いで売られてるあれを売る

 

f:id:toushitsufukei:20190307051927j:plain

 

そして、二次流通を極める上で見過ごせないのが、我らがエンジニア講師・迫さんのこの投稿。

 

 

 

名前間違い(Typo:タイポ)で売られている何かを買ってきて、正しくリネームして売れば、お得になるという…これは上級者向けですけど、チャレンジしてみます!

 

でもこの、Typoを選ぶのが難しいんですよね。たとえば「ワンピー全巻」とか、普通は間違わないじゃないですか。では、どうやって売れ残りを探すかという問題なんです。そして試行錯誤すること数日…見つけました!

 

それがこれ!

f:id:toushitsufukei:20190307042751j:plain

 

ネコぱらの風鈴です。

実はこの風鈴。人気なんですね。売り切れて、二次流通でもあまり出てなくて…なのに、某所で2,160円で投げ売られてるのを見つけちゃいました!ちょっとシーズン外というものあったと思います。(そもそも、実用性のあるものなのかは不明)

 

メルカリとヤフオクで出してみました。メルカリは送料込み、ヤフオクは送料出品者負担が多いみたいですね。いくらで売れるかな…

 

さてさて、結果発表は次の章で!

 

二次流通はどのぐらい楽しめる?

 

f:id:toushitsufukei:20190307051956j:plain

 

さて、本を読み、ユニクロを買ってきて(着てないけど)、風鈴を楽しみ(開けてないけど)、結果はどうなったでしょうか。

 

ビジネス本3冊

売却金額 4000円 ー 購入代金 5400円 = △1400円

 

ユニクロセール品

売却金額 400円+750円 ー 購入代金 390+500円 = 260円

 

キャラグッズ

売却金額 7000円 ー 購入代金2160円 = 4840円(!)

 

そして、総額から手数料や送料を引くと手残りは…

 

 

f:id:toushitsufukei:20190313200336j:plain

 

 

なんと・・・利益が出てしまった!これは・・・笑

二次流通でプラスになるとは想定外。なんか悪いことしたみたいでいかん気がする笑 これはあれですね、最後の迫さんツイートの通り、キャラグッズが7,000円で売れてしまったのが大きいようです。

 

f:id:toushitsufukei:20190306214112j:plain

※バッテリー残量は気にしない笑

 

 

すごい。噂は本当だったんだ…

 

欲しいものを買うならセディナJiyu!da!カード

 

f:id:toushitsufukei:20190307052054j:plain

 

二次流通がプラスになる(こともある)。

つまり、買ってすぐ売るという行為は、ライフスタイルを劇的に変えてくれます。

 

いずれにせよ、二次流通が整備されるのは素晴らしいと私は思います!消費のライフスタイルが変化しているのには、理由があるんでしょうね。合理的だから、こうしたライフスタイルが流行っているんだと思います。

 

お金がないからって、じっとしてるのはもったいないですよ。セディナカードJiyu!da!で買って、使って、メルカリやヤフオクで売って、次の人に託せばいいじゃないですか。

 

儲けようとする必要なんてないですよ。家に死蔵するぐらいだったら、売ってしまいましょう。今回は実験的に買ってきて売りましたが、自宅の不用品や読まない本を売るのも楽しいです。

 

現金で買ってもいいですけど、セディナカードJiyu!da!なら、仮にカードの引き落とし日の前に売ることができれば、キャッシュフローも万全。理想的ですね!最高。ちなみに、末締め翌27日払いです。

 

セディナカードJiyu!da!は、カード初心者にも安心。年会費無料のSMBC系列のクレジットカードです。どうかよろしくお願いします!

 

まとめます。

 

  • 年会費永年無料
  • SMBCグループで安心
  • セブン-イレブン、イオン・ダイエーで毎日ポイント3倍
  • 海外でのカード利用分はいつでもポイントが3倍
  • マルエツの各店舗で毎週日曜日5%割引
  • 最大10,000円相当のポイント(2019年3月~8月入会)がもえらえるキャンペーン中

 

かなりお得ですね!リボではなく、一括的な使い方も可能です。セディナカードJiyu!da!を使ってメルカリやヤフオクでも買い物できるよ!

 

▽こちらをクリック

 

 

なお、今回のタイアップ企画はいろいろなブロガーさんが参加されています。

そこで面白いと思った記事を3つご紹介しますね。

 

ずぼらママのママトーク  (あずさん)

コミュニケーションを極める方法 (りょうちゃんさん)

牛乳の最安値は?(mintoさん)

 

 

(このPR記事は、伸びシロサロンと㈱セディナとのタイアップ企画です。)

 

Webライター界の現状

f:id:toushitsufukei:20190219132534j:plain

 

2014年にライターをスタートすると同時に、このブログを立ち上げて、横のつながりをもたないままずっとやってきました。だから、あまり業界の勢力図などはみえていません。「○○さんと名もさんみたいになりたいです」といわれても、その人を私はしらないなど、狭い視野で仕事をしてきたのです。

 

Twitterでも同業者はほとんどフォローしていません。だからこれまで見えなかったのです。しかし、オンラインサロンというものに関わったり立ち上げたりするようになって、業界の全体像が少しみえてきました。

 

  

文字単価1円が激戦

 

私がライターをスタートした2014年頃、文字単価1円の案件は競争といっても応募が5名程度で、わりとサクッと提案がとおっていました。クライアント数も少なかったけど、応募する人も少なかったので。

 

ただ、いま、文字単価1円の案件が多く出るようになった代わりに、ライターさんの数も増え、提案が通らないんです、という人も増えたように感じます。

 

文字単価1円未満も

 

そして、文字単価1円未満の人も、結構いらっしゃるのです。基本は自己責任だと思いますが、サロン内で「仕事が取れなくて」という話を聞くと、それはほっておくわけにいかないですよね。

 

私も0.8円ぐらいで書いてたことありますし、サブ収入としてなら1円未満でも良いとは思います。でも、生活のメイン収入にしてなんとか生計を立てたいと思うのであれば、文字単価は上げたほうが良いし、1円以下のクライアントはそもそも、搾取する気満々なので、あまり良いお客さんとは言い難いケースも(お金がないだけのいい人もいるかもしれませんが)

 

手を差し伸べるか?それとも・・・

 

私のやってるサロンでは、1円未満ライターさんも何名かいらっしゃいます。なんせ、駆け出しも駆け出し、ライターをはじめたいと思って、右も左もわからないから、サロンに入ってきて・・・という方が結構おられるのです。

 

でもそこで、手を差し伸べたくなるじゃないですか。サロンあてにいろいろ発注がくるので、それをまわしてあげたくなっちゃう(報酬はでます)

 

でも、社長がいうんですよ

 

「1円未満ライターに仕事を与えて、餌を食べさせるのは簡単。でも、自分で生き抜いていく力を身につけないと。悩んで、苦しんで、創意工夫して。そうして自分の力で人生を切り開いていく力をつけるのがサロンだから。仕事をまわすのは簡単なんだよ」

 

と。。。

 

オンライン・サロンの役割

 

たしかにそうなんですね。自分の力で生きていく。そしていつかみんなサロンを卒業していく。でも、私としては、助走はつけてあげたい。せめて平均単価が1円に乗るまでは、サポートしたいのです。そうしないと、いま競争が激しすぎて、容赦なく脱落してしまう。

 

ただ私のやり方は、サロンに依存させていて、社長はあくまで、自立の芽を積んではいけないといっているのですよね。

 

もしかしたら、できる人はバンバン仕事していって、私なんてとっくに追い抜かれてるのかもしれませんが、私はどうしても、一番歩みの遅い人に寄り添いたいという思いが強いようです。

 

「たった1文字」で世界を自由自在に操作する

f:id:toushitsufukei:20190210052226j:plain

 

私はnoteというコンテンツサービスで月額350円の「名もちゃん気まぐれマガジン」を運営しています。バックナンバーがあまり売れず、もったいないので、月に1度ほど、過去記事からブログに公開していこうと思います。サロンの人たちは月1ならいいよっていってくれてるので。気に入ったらマガジンをどうぞ。

 

今日は8月17日号から。マガジンでは言葉のパワーにたびたび触れているのですけど、今日は一言どころか「たった1文字」で世界を支配するという話を書きます。 

 

1文字・・・?そう、たった、ひと文字。たったひとつの日本語を使うだけで、読んでいる人を圧倒的に自分の世界へと投げ込み、ぐぐぐっと読ませてしまう、そんな言葉ってどんなものなのでしょうか。

 

 

 

ではいきましょう。

 

尾崎放哉が残した句


明治から大正にかけて、尾崎放哉(おざきほうさい)という俳人が活躍しました。自由律、自由句で豊かな表現力を背景に、さまざまな句を発表しています。

その尾崎放哉の残した句に、

 

「咳をしても一人」 

 

という有名な作品があります。

 

もっとも大切な言葉はどれ?

 

さてここで、この「咳をしても一人」のなかで、もっとも重要な日本語はどれでしょうか。咳?一人?さてどれでしょうか。Noteにちょっと余白を持たせますので、考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

たったひとことで世界観が浮き彫りに

 

答えは、「」なのです。咳をしても一人。この「も」があることで、書き手が孤独であること、そして病を患っていること、さらに、おそらくは貧乏であることなど、さまざまな背景が浮き彫りになります。

 

この「も」を他の文字に置き換えることはできません。咳をしたら一人。咳をしてるけれど一人。咳をしたのに一人。どれも、尾崎放哉の世界観を正確にあらわすことはできないですよね。咳をしても一人。この「も」があるからこそ、イマジネーションが喚起され、彼の絶対的な孤独が、さみしさが、絶望が、まざまざと読み手の脳内に浮かび上がってくるのです。そして、ぐいっと彼の世界に投げ込まれてしまいます。

 

まとめ

 

ことばは非常に面白く、奥が深いものです。そして表現力は豊かにできます。尾崎放哉ほどの日本語の達人にはなれなくとも、文章力を磨くことで、少しでも偉大な俳人に近づくことができれば素敵ですよね。名もちゃんマガジンでぜひ一緒に勉強していきましょう!

 

旅は終わってからこそ続く

 

f:id:toushitsufukei:20190207185821j:plain

 

誕生日にみなさんからのpolcaやギフトで、たくさんの本が自宅に届きました。本当にありがとうございます。なかでも『魂の文章術』は名著の評判通り本当に素晴らしく、心が高揚し、読んだだけで文章が良くなったような錯覚に陥らせてくれます。

 

 

 

名著には、人生が何と書いてある?

 

さて魂の文章術は、詩人が書いた文章読本だけあって、詩的な表現が多く散りばめられています。なかでも感銘を受けたのが「人生は生ゴミ」という表現。人生は生ゴミ。ドキッとする表現です。

 

人生においていろいろなことが起こります。苦しいこともたくさんあっただろうし、今もまた苦しみの中にいるのではと思ってしまうような瞬間も多々あります。迷うこともありますし、ほんとうにつらいなということも多くあるのです。

 

そうした苦しみや迷いは、その瞬間は生ゴミのようなものです。しかしそれが積み重なって発酵し、とりとめのない思考とともに耕されたとき、肥沃な土壌になるのだと。うーん、やっぱ詩人はすごい!何というポエム力・・・

 

旅も終わってからが本番

 

よく旅するノマド、旅するライターさんがSNSにおられます。私は持病で家からほとんどでませんから、そうした人たちに憧れが強く、何年も前から海外ノマドをフォローして、世界の話をたくさん教えてもらいました。

 

私も会社員時代は、週末を利用して旅にでたものです。しかし私の旅は、それほど豊かなものではないとずっと思っていました。新しい発見もないし、人との関わりも薄いし、と。それでも、引っ越しをしたばかりの街で、その街のことをうまく説明できないように、旅は終わってからのほうが豊かに表現できるのではないかなと思います。

 

旅をするライターが良い文章を書けないと言ってるのではなく、私も人生の旅路において、だいぶ遠くまで来ましたので、そろそろ人生を耕しにかかって、豊かな実りを得ていきましょうかね。

 

書くことで気分が高まる

 

私は子供の頃、海外の詩集を読むのが好きでした。といっても外国語は読めませんから、プロの翻訳家が翻訳したもので、世界観の片鱗を味わっていたのです。昔の翻訳家は本当に日本語がうまく、日本語の力を極限まで引き出しています。

 

そして詩人はどうやって詩を書くのでしょうか。気分が高まったときに詩を書くのでしょうか。そうではないと、ナタリーゴールドバーグさんはいいます。書くことが、気持ちを詩的な高みへと連れて行ってくれるのだと。

 

いやあほんと、噂に違わぬ素晴らしい本です。4800円なんて、私のお小遣いで買えませんから、みなさんのご協力に本当に感謝です。これで私も、読者をとてつもない高みへと連れていきますのでどうぞマガジンをお楽しみに。

 

 

せっかくの記名記事がとてもしんどい件について

f:id:toushitsufukei:20190128201637j:plain

 

7月の終わりから、マガジンを頑張っていたら、「noteみたいに自由記事を書きませんか?記名記事にしますよ」というお話を何件か頂戴しました。夢みたい。

 

でもそれがきつくてしょうがないという贅沢な悩みを今日はブログに書こうと思います。

 

  

記名記事のご依頼

 

いまnoteというコンテンツ販売プラットフォームで、名もちゃん気まぐれマガジンというミニミニウェブマガジンを発行しています。ビジネス系に特化して、毎日更新を心がけており、面白いのかあっという間に課金者が450名を突破しました。

 

そしてツイッターでも結構その話をしていて、マガジンの感想をエゴサしたり、リプしたりしてワーワーいってたら、お客さんのところにも届いたらしく、「記名記事を書きませんか?」といわれるのです。

 

とてもありがたいですね。記名記事で、自由に書いていいなんて。

 

課金者を守るには

 

しかし原稿料をもらうかわりに無料で書くわけです。マガジンはみなさんからいただいた月350円が私の原稿料になるかわりに有料なので、課金者さんを守らなくてはなりません。

 

記名記事は、お客様のサイトにて無償で読めますので、マガジンとの差別化をどうするか悩んでいます。私のマガジンは先程いったように452名の課金者がいて、大勢の期待を背負っているので、その人達をがっかりさせるわけにいかないのです。

 

だから何を記名記事に書いて、何をマガジンに書いて、さらに購読者の期待を裏切らないようにするには・・・ということでとても悩んでいます。

 

いざ書いてみると

 

そしていざ記名記事を書こうとすると、ひねりにひねるので、ほんとうにクタクタになります。テーマを与えられて、無記名の記事を書いている方がよほどサクサク進みます。

 

社長はですね

 

「指示待ち人間だから、自由にやってくださいっていわれたら困るんだろ笑」

 

といってきます。確かに・・・確かにそうかもしれない。でも、せっかくのチャンス。もっともっと、いろいろな方にマガジンを読んでいただきたいし、お客様のサイトにもPVを出してあげたいです。

 

これは成長痛

 

今月はあと5本、自由な記名記事があります。ありがたいことです。ただクタクタになるので、これは成長痛だと考えて乗り切ろうと思います。きっときっとこの先には素敵なライターライフが待っていると信じて。

 

記名記事が出来上がったら、またお知らせしますので、どうかお楽しみになさってくださいね。マガジンもどうかよろしくです。